2020年06月02日

なぜ、我々は働くのか



ぜ、我々は働くのか。この深い問いに対しては、あくまでも、私たち自身が、その人生と思索を通じて、答えを見つけていかなければなりません。本書は、その思索を深めるために、仕事の真の報酬とは何か、を始めとする...続きは本文で

【 著者 】 田坂広志
【 評価 】 4.3
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 23:53| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

剣闘士スパルタクス (中公文庫)【佐藤賢一】



スパルタクス、おまえにも先頭をきってもらいたい」仲間の求めに応じスパルタクスは起った。寄せ集めの集団は、やがて奴隷解放の旗印を掲げる反乱軍としてイタリア本土を席巻する。だが、世界最強を誇るローマ軍の反...続きは本文で

【 著者 】 佐藤賢一
【 評価 】 3.1
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 20:45| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国道沿いのビル群の間にひっそりと建つペンシル・ビル



道沿いのビル群の間にひっそりと建つペンシル・ビル。その二階に“美術館”はあります。のんびり寛げるラウンジは憩いの場として親しまれ、老館長が淹れるコーヒーを目当てに訪れるお客もちらほら。しかし、この度館...続きは本文で

【 著者 】 森福 都
【 評価 】 3.4
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 17:11| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライバル商品の台頭、口だけの上司、社内政治に長(た)けた同僚、みんなまとめてかかってこい



イバル商品の台頭、口だけの上司、社内政治に長(た)けた同僚、みんなまとめてかかってこい! 支店から本社の宣伝部に復帰した上杉。ウイスキーの売上は低迷し、会社が打ち出す販売戦略も迷走つづき。そんなとき、...続きは本文で

【 著者 】 吉村喜彦
【 評価 】 4.9
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 15:22| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライバル商品の台頭、口だけの上司、社内政治に長(た)けた同僚、みんなまとめてかかってこい



イバル商品の台頭、口だけの上司、社内政治に長(た)けた同僚、みんなまとめてかかってこい! 支店から本社の宣伝部に復帰した上杉。ウイスキーの売上は低迷し、会社が打ち出す販売戦略も迷走つづき。そんなとき、...続きは本文で

【 著者 】 吉村喜彦
【 評価 】 4.9
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 15:18| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香川真司、本田圭佑、長友佑都など、世界で活躍する日本代表のキーマンたちの少年時代を徹底取材



川真司、本田圭佑、長友佑都など、世界で活躍する日本代表のキーマンたちの少年時代を徹底取材! 彼らの強さの秘密に迫る一冊。...続きは本文で

【 著者 】 赤澤竜也
【 評価 】 4.5
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
Unlimitedゼロ円
Unlimited無料
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 14:39| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月01日

ベストセラー、待望の文庫化



ストセラー、待望の文庫化! 面倒くさいことは、ほうっておくと雪だるま式に増えていく。 そうならないために----逆転の発想術! 【本書の内容】 世の中の人、90%以上が面倒くさがりやです。 でもう...続きは本文で

【 著者 】 本田直之
【 評価 】 3.8
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 17:20| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月27日

「テロリスト五右衛門、爆死



テロリスト五右衛門、爆死!?」――姉・美子が遺したファイルの真相を解き明かすため、謎多きバイト仲間の岡田誠也と関わりを持ったことから、貴和はテロリストの一味と見なされてしまう。さらなる証拠を求め、三島...続きは本文で

【 著者 】 神田昌典
【 評価 】 3.7
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
Unlimitedゼロ円
Unlimited無料
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 20:39| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

殺人



人。不正。容疑者の失踪―。浅見光彦は、事件の背後に見え隠れするヤミ米市場の実態を追って、新潟そして山形県酒田市へ。だが、事件の重要な鍵を握る遠藤という老人が殺害され、竹村警部が捜査を続ける長野県でも新...続きは本文で

【 著者 】 内田康夫
【 評価 】 4.5
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 13:23| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたに起こる出来事は、偶然の積み重ねに過ぎないのか



なたに起こる出来事は、偶然の積み重ねに過ぎないのか? それとも、すべてのことには意味があるのか? 本書は、ベストセラーとなった「生きがい論」シリーズで知られる著者が、大切な人の死などを乗りこえ、人生に...続きは本文で

【 著者 】 飯田史彦
【 評価 】 4.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 02:57| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月24日

歴史探偵 近代史をゆく (PHP文庫)【半藤一利】



井勝一郎氏がこんなことを言っている。「歴史にはいりこむということはネ、イデオロギー的にきちッとでき上ったものを扱うことではなく、人間や事件の混沌と翻弄の関係にはいる、ということと同じなんだ。その声を代...続きは本文で

【 著者 】 半藤一利
【 評価 】 4.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 16:03| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

星を撃ち落とす (創元推理文庫)【友桐 夏】



界に憧れる有騎、いつも一緒の鮎子と茉歩。三人の女子高生の友情は、問題児の美雲と関わったことで変化していく。四人の間に緊張が高まる中、やがて「悲劇」が……。後日、罪悪感に囚われ思い悩む有騎がたどり着いた...続きは本文で

【 著者 】 友桐 夏
【 評価 】 3.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 15:30| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実の父である徳川家康に毒殺された悲劇の猛将結城秀康



の父である徳川家康に毒殺された悲劇の猛将結城秀康。その落胤にして、必殺の富田流残月剣の遣い手結城虎之介が、家康の陰謀と刺客に敢然と立ち向かう!―己れのすべてを賭けて幕府の圧迫に対抗する豊臣秀頼。そんな...続きは本文で

【 著者 】 安部龍太郎
【 評価 】 4.0
立ち読みはこちらから
Unlimitedゼロ円
Unlimited無料
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 15:08| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最初で最後の恋人 (扶桑社ロマンス)【ノーラ・ロバーツ】



でイタリアンレストランを経営するエイヴリーはある日、改修工事中のホテルでキスをしてしまった。 相手はモンゴメリ三兄弟の次男オーウェン。兄弟が経営する建築会社で現場管理を担当するエイヴリーの幼なじみだっ...続きは本文で

【 著者 】 ノーラ・ロバーツ
【 評価 】 4.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 14:40| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本書のタイトルは、『未来を拓く君たちへ』である



書のタイトルは、『未来を拓く君たちへ』である。しかし、本書を実際に一度手にとってみていただきたい。本書が、これから実社会に羽ばたこうとする大学生や、実社会で働き始めたばかりの若いビジネスパーソンたちだ...続きは本文で

【 著者 】 田坂広志
【 評価 】 4.7
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 12:07| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本書のタイトルは、『未来を拓く君たちへ』である



書のタイトルは、『未来を拓く君たちへ』である。しかし、本書を実際に一度手にとってみていただきたい。本書が、これから実社会に羽ばたこうとする大学生や、実社会で働き始めたばかりの若いビジネスパーソンたちだ...続きは本文で

【 著者 】 田坂広志
【 評価 】 4.7
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 11:32| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

ウイスキー・ボーイ (PHP文芸文庫)【吉村喜彦】



イバル商品の台頭、口だけの上司、社内政治に長(た)けた同僚、みんなまとめてかかってこい! 支店から本社の宣伝部に復帰した上杉。ウイスキーの売上は低迷し、会社が打ち出す販売戦略も迷走つづき。そんなとき、...続きは本文で

【 著者 】 吉村喜彦
【 評価 】 4.9
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 16:32| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月20日

人生は、うまくいかないようにできている



生は、うまくいかないようにできている。しかし、人生はやり直しがきく。それなのに「どうしようもない」と思っている人は多い。競争の激しい現代社会で「いつもうまくいく」ことなどありえない。つまずくたびに嘆い...続きは本文で

【 著者 】 加藤諦三
【 評価 】 3.8
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
Unlimitedゼロ円
Unlimited無料
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 07:51| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松下幸之助「心得帖シリーズ」を締めくくる本書の標題は、昭和九年の元旦に、松下が社員に“お年玉”として贈った言葉だという



下幸之助「心得帖シリーズ」を締めくくる本書の標題は、昭和九年の元旦に、松下が社員に“お年玉”として贈った言葉だという。松下がこの言葉に託したのは、いかに学問、知識にすぐれ、人格的にも一点の非の打ちどこ...続きは本文で

【 著者 】 松下幸之助
【 評価 】 4.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 06:47| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

北海道の観光ポイント、小樽運河で男の水死体が発見された



海道の観光ポイント、小樽運河で男の水死体が発見された。身元はすぐに判明、東京の画商、堀内晴彦で、美術オークション会社のオーナー。事件当日、高萩と名乗る男と会っていたことも地元警察の調査でわかった。だが...続きは本文で

【 著者 】 木谷 恭介
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 12:12| 文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする