2020年06月02日

アトランタ・ジャクソンは“か弱い悪女”役で人気の女優



トランタ・ジャクソンは“か弱い悪女”役で人気の女優。でも、それはスクリーン上だけのこと――少なくともアトランタはそう思っていた。だが世間の反応は違った。恋人でもあった年上のマネージャーと手を切ったばか...続きは本文で

【 著者 】 ジャッキー ブラウン
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 17:32| 文学・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

好きなことだけして生きていきたい



きなことだけして生きていきたい。それなのに、営業に行けば相手にされず、ジョギングすれば小学生に抜かれ、もらった車は交差点で立ち往生……。この不本意な毎日は、いったい誰の陰謀であろうか。後ろ向きだけど楽...続きは本文で

【 著者 】 宮田珠己
【 評価 】 3.9
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 16:48| 文学・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月01日

わがフリーター人生、セキララ赤面日記―38歳・男性・独身 (PHP文庫)【日暮学】



リーターって、何を考え、どんな生活を送っているのだろうか。その実際の姿を、現役フリーターがすべて実話でセキララに紹介する。やはり実話の迫力はすごい! 本書は、その驚くべき現実が、著者とその周辺フリータ...続きは本文で

【 著者 】 日暮学
【 評価 】 3.4
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 20:24| 文学・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月29日

東北ずん子 「むちむち」じゃありません! 「もちもち」です!【さとう としお】



国のみなさん、こんにちは! 東北ずん子です! 「ふるさと女学院」の学院祭で「ずんだカフェ」を開くべく奮闘したあの日々が、1冊の小説になりました\(ず・ω・だ)/ 【STORY】射った餅(もち)すべ...続きは本文で

【 著者 】 さとう としお
【 評価 】 4.9
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 08:56| 文学・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月27日

砂漠の国にとらわれて (ハーレクイン・ロマンス)【アビーグリーン】



サルトが家族で細々と経営する牧場がアラブの小国を治めるシーク・ナディムに買い取られることになった。母を亡くして以来父は酒に溺れ、事業は衰退の一途をたどってきた。かつては名門と言われたが、もう家族で維持...続きは本文で

【 著者 】 アビーグリーン
【 評価 】 2.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 18:28| 文学・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あいさつをしたのに、会釈すら返してもらえなかった時



いさつをしたのに、会釈すら返してもらえなかった時。他人から辛辣なことを言われたり、そういうことを人づてに聞かされた時。「私はもっといい仕事ができたはずなのに」と自信をなくした時――傷いっぱいの日々を生...続きは本文で

【 著者 】 渡辺和子
【 評価 】 4.2
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 18:17| 文学・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北朝鮮のコマンド9人が開幕戦の福岡ドームを武力占拠し、2時間後、複葉輸送機で484人の特殊部隊が来襲、市中心部を制圧した



朝鮮のコマンド9人が開幕戦の福岡ドームを武力占拠し、2時間後、複葉輸送機で484人の特殊部隊が来襲、市中心部を制圧した。彼らは北朝鮮の「反乱軍」を名乗った。 〈財政破綻し、国際的孤立を深める近未来の日...続きは本文で

【 著者 】 村上龍
【 評価 】 3.9
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 15:51| 文学・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズ(アスキー・メディアワークス刊)のオフィシャルブック



ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズ(アスキー・メディアワークス刊)のオフィシャルブック。店主・栞子さんが触れている世界を、ほんのり感じられます。巻末に、作家・三上延氏の書き下ろしエッセイ付。...続きは本文で

【 著者 】 夏目漱石
【 評価 】 4.1
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 15:22| 文学・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本推理作家協会賞受賞



本推理作家協会賞受賞! 都会から離れた島に生まれ、育った人々。 島を憎み、愛し、島を離れ、でも心は島にひきずられたまま―― 閉ざされた“世界"を舞台に、複雑な心模様を鮮やかに描く湊さんの連作短編(全六...続きは本文で

【 著者 】 湊かなえ
【 評価 】 3.8
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 13:07| 文学・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本推理作家協会賞受賞



本推理作家協会賞受賞! 都会から離れた島に生まれ、育った人々。 島を憎み、愛し、島を離れ、でも心は島にひきずられたまま―― 閉ざされた“世界"を舞台に、複雑な心模様を鮮やかに描く湊さんの連作短編(全六...続きは本文で

【 著者 】 湊かなえ
【 評価 】 3.8
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 11:08| 文学・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界で一番嫌いなはずの私に、あなたは偽りの愛を囁く――古城を舞台に幕を開けた、波瀾まじりの甘くほろ苦い4日間



界で一番嫌いなはずの私に、あなたは偽りの愛を囁く――古城を舞台に幕を開けた、波瀾まじりの甘くほろ苦い4日間。弟の結婚式に参列するためフランスの古城を訪れたヴィクトリアは、タイレル・ブラウンが新婦の友人...続きは本文で

【 著者 】 カーラ コネリー
【 評価 】 3.5
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 07:13| 文学・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月24日

配偶者との死別、幼い2人の子どもを抱えながらの絵本編集者としての活躍、息子の難病と障害、貧しかった彫刻家の父、若くして逝った友、そして震災後にたちあげた「3・11絵本プロジェクトいわて」のことなど、人生の様々な試練と悲しみ、出会いと喜びを、美しい言葉で綴った待望のエッセイ集



偶者との死別、幼い2人の子どもを抱えながらの絵本編集者としての活躍、息子の難病と障害、貧しかった彫刻家の父、若くして逝った友、そして震災後にたちあげた「3・11絵本プロジェクトいわて」のことなど、人生...続きは本文で

【 著者 】 末盛 千枝子
【 評価 】 5.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 16:03| 文学・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月21日

桃太郎はなぜ桃から生まれたのか? (PHP文庫)【蓮実香佑】



太郎はなぜ桃から生まれたのか、森のキノコはなぜ水玉模様なのか……おとぎ話にまつわる素朴な疑問を生物学の視点から解き明かす!...続きは本文で

【 著者 】 蓮実香佑
【 評価 】 5.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 14:54| 文学・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

83才と86才の老夫婦による暮らし歳時記です



3才と86才の老夫婦による暮らし歳時記です。ニュータウンでの半自給自足的な生活をおいかけました。...続きは本文で

【 著者 】 つばた英子
【 評価 】 4.5
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 08:51| 文学・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もぐら屋化物語~用心棒は迷走中~ (廣済堂モノノケ文庫)【澤見 彰】



をしくじり、女にふられ、銭も無い不遇の脱藩浪人・楠岡平馬は行き倒れ寸前。途方にくれ、「人間やめたくなっちゃった…」と呟いたその時、不気味な旅籠が現れた! そこは百年生きた大もぐらのムグラ様が守るモノノ...続きは本文で

【 著者 】 澤見 彰
【 評価 】 5.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 08:09| 文学・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

KYOKOの軌跡―神が試した映画【村上龍】



KYOKO」を撮ることにより、あらわになった村上龍の人生―。R・コーマンとの出会い、主演女優決定のドラマ、日本側女性プロデューサーの死、そして小説と映画…。...続きは本文で

【 著者 】 村上龍
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 04:30| 文学・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

望郷【湊かなえ】



本推理作家協会賞受賞! 都会から離れた島に生まれ、育った人々。 島を憎み、愛し、島を離れ、でも心は島にひきずられたまま―― 閉ざされた“世界"を舞台に、複雑な心模様を鮮やかに描く湊さんの連作短編(全六...続きは本文で

【 著者 】 湊かなえ
【 評価 】 3.8
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 08:50| 文学・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月14日

鴎外の降誕祭―森家をめぐる年代記【クラウス・クラハト】



家が毎年欠かさずしたホームクリスマス。その背景には何があったのか? 森鴎外はこれまでキリスト教とは無縁と思われてきたが、じつは1913年から毎年欠かさずホームクリスマスを行っていた。その事実に着目し...続きは本文で

【 著者 】 クラウス・クラハト
【 評価 】 3.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 15:54| 文学・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月13日

「舌きりすずめ」の資産運用、「わらしべ長者」のリスクとリターン__



舌きりすずめ」の資産運用、「わらしべ長者」のリスクとリターン__。投資の極意を学び、人生という市場を賢く生き抜くための村上版「日本昔話」。ベストセラー、早くも文庫化。...続きは本文で

【 著者 】 村上龍
【 評価 】 3.1
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 18:27| 文学・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10万部突破のベストセラーが新装版で登場



0万部突破のベストセラーが新装版で登場! 不可能とされていた無肥料・無農薬でのりんご栽培を成し遂げるまでの 波乱に満ちた人生と、その途上で遭遇した不可思議な体験の数々。 映画化された『奇跡のリン...続きは本文で

【 著者 】 木村秋則
【 評価 】 4.3
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
続きを読む
posted by BookReviewer at 07:55| 文学・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする