2021年01月03日

街を走れば、二度見する



を走れば、二度見する!?自転車並みのスペースで、親一人と子供二人が乗れて、最高速度三〇キロで自由に移動できる安全でエコなクルマの登場です。超小型モビリティは新時代日本のシンボルとなる。...続きは本文で

【 著者 】 森口 将之
【 評価 】 2.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
街を走れば、二度見する!?自転車並みのスペースで、親一人と子供二人が乗れて、最高速度三〇キロで自由に移動できる安全でエコなクルマの登場です。超小型モビリティは新時代日本のシンボルとなる。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【本の目次】
       第1章 なぜ超小型モビリティなのか!?
       第2章 超小型モビリティは昔からあった!
       第3章 超小型モビリティの認定制度と導入事例
       第4章 超小型モビリティの規格と保安基準
       第5章 日本より進んでいる?海外の最新事情!
       第6章 超小型モビリティはビジネスになるか?
       第7章 どんな超小型モビリティがあるのか?
       巻末資料 超小型モビリティの認定制度に関する資料

【書籍情報】
単行本:207ページ
出版社:秀和システム
言語:日本語
梱包サイズ:21.3 x 15 x 2 cm

【本書のキーワード】
  森口 将之
  秀和システム
  乗用車.小型自動車.マイクロバス
  最新解説超小型モビリティのことが1日でよ~くわかる本
  4798037885
  カーライフ
  スポーツ 体育
  自動車の種類



【関連図書】


未来型乗り物「超小型モビリティ…

モビリティー革命2030自動車…

モビリティ革命自動車ビジネスを…

モビリティーズ――移動の社会学

モビリティをマネジメントするコ…


posted by BookReviewer at 04:43| 趣味・実用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする