2020年09月22日

本書は、まず第1部で、CSRについて理解するための基礎知識として、「CSRとはいったい何か」「CSRに取り組むことは、企業にとってどんな意義があるのか」「CSRの国際規格化といわれているが、具体的には何が行われているのか」といった疑問にお答えします



書は、まず第1部で、CSRについて理解するための基礎知識として、「CSRとはいったい何か」「CSRに取り組むことは、企業にとってどんな意義があるのか」「CSRの国際規格化といわれているが、具体的には何...続きは本文で

【 著者 】 白鳥わか子
【 評価 】 4.8
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
本書は、まず第1部で、CSRについて理解するための基礎知識として、「CSRとはいったい何か」「CSRに取り組むことは、企業にとってどんな意義があるのか」「CSRの国際規格化といわれているが、具体的には何が行われているのか」といった疑問にお答えします。続く第2部では、CSRの具体的な取り組み内容を理解するために、どの企業にとっても重要な5つのステークホルダー「顧客」「従業員」「取引先」「地域・社会」「投資家」を取り上げて、今日CSRの課題として何が注目されているのか、そして、そうした課題に対して企業はどういった対応をとるべきなのかを、具体例を交えてご紹介します。締めくくりとなる第3部では、企業が実際にCSRの推進に取り組む際の5つのポイントとして、「CSR活動計画の決定」「CSR担当部署の設置」「社内への浸透」「CSR報告書の発行」「ステークホルダー・ダイアログの実施」についてご説明します。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:239ページ
出版社:秀和システム
言語:日本語
梱包サイズ:21 x 14.8 x 2 cm

【本書のキーワード】
  4798010952
  白鳥 わか子
  企業 経営
  経営倫理.企業責任
  図解入門ビジネス最新CSR(企業の社会的責任)がよ~くわかる本 (How‐nual Business Guide Book)
  経済
  BUK289870
  萩原 美穂
  一般向け
  秀和システム
  経営学・経営理論



【関連図書】


CSR入門―「企業の社会的責任…

ヨーロッパのCSRと日本のCS…

会社員のためのCSR入門

企業の社会的責任(CSR)の基…

マンガでやさしくわかるCSR

社会的責任のマーケティング―「…


posted by BookReviewer at 15:58| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする