2020年08月10日

幕末の歌人・橘曙覧(たちばなあけみ)に学ぶ「清貧」の人生



末の歌人・橘曙覧(たちばなあけみ)に学ぶ「清貧」の人生。「分相応の幸福」にスポットを当て、困難な時代に生きる喜びを見出す。...続きは本文で

【 著者 】 岬 龍一郎
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
Unlimitedゼロ円
Unlimited無料
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
幕末の歌人・橘曙覧(たちばなあけみ)に学ぶ「清貧」の人生。「分相応の幸福」にスポットを当て、困難な時代に生きる喜びを見出す。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
Unlimitedゼロ円
Unlimited無料
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本(ソフトカバー):208ページ
出版社:PHP研究所
言語:日本語
梱包サイズ:19.2 x 13.3 x 1.9 cm

【本書のキーワード】
  人生論・生と死
  歌人伝・研究
  4569799736
  岬 龍一郎
  PHP研究所
  「清貧」という生き方
  哲学各論



【関連図書】


清貧の思想(文春文庫)


posted by BookReviewer at 08:42| 人文・思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする