2020年08月02日

この本はパッチワークのトラディショナルパターンの歴史や製図方法をまとめた、イギリスの本を翻訳したものです



の本はパッチワークのトラディショナルパターンの歴史や製図方法をまとめた、イギリスの本を翻訳したものです。パターン100種類が、いつどんな風に登場したのか、そしてパターンの製図、縫い方の基礎、配色などが...続きは本文で

【 著者 】 セリア・エディー
【 評価 】 4.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
この本はパッチワークのトラディショナルパターンの歴史や製図方法をまとめた、イギリスの本を翻訳したものです。パターン100種類が、いつどんな風に登場したのか、そしてパターンの製図、縫い方の基礎、配色などが、簡潔に説明され、セッティングによるブロックのデザイン例も150種類紹介されています。さらに材料や道具の解説もあり、初心者から上級者まで、すべてのキルターにとっての「バイブル」、必携の1冊となることでしょう。ハードカバーでケース入りなので、持ち運びにも便利でかわいい一冊です。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:2ページ
出版社:日本ヴォーグ社
言語:日本語
梱包サイズ:21 x 16.4 x 2.8 cm

【本書のキーワード】
  キルトブロック事典 (バイブルシリーズ)
  4529040348
  一般向け
  セリア・エディー
  工芸
  日本ヴォーグ社
  キルティング
  その他の手芸:パッチワーク
  手芸



【関連図書】


斉藤謠子の手のひらのたからもの

MANNISHQUILTSマニ…

世界のキルト キルトシ゛ャハ゜…

アメリカン・パッチワークキルト…


posted by BookReviewer at 10:47| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする