2020年08月01日

あなたは、「ブレインダンプ」という言葉を知っているだろうか



なたは、「ブレインダンプ」という言葉を知っているだろうか。おそらく今初めて耳にされたかもしれない。「コピー一本で数億円を稼ぐ」というアメリカのある実力派コピーライターが、毎日欠かさず行っているという、...続きは本文で

【 著者 】 谷澤潤
【 評価 】 3.5
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
あなたは、「ブレインダンプ」という言葉を知っているだろうか。おそらく今初めて耳にされたかもしれない。「コピー一本で数億円を稼ぐ」というアメリカのある実力派コピーライターが、毎日欠かさず行っているという、仕事のパフォーマンスを最高に高める手法である。
「何のことか分からないが、脳に関係のある話だな」ということは、だいたいお気づきのことと思う。その通り、この本は、脳に関する本である。本書は、脳の性質に従順に、脳の機能を最大限に活用して、仕事において短期的なスパンで実益を得ることに目的を置いている。
本書をくり返しお読みになり、あなたが、「これは自分に取り入れられる」と思ったところを実践に取り入れる、ということを日常の習慣にしたならば、あなたはきっと、仕事において短期間に驚くほどの成果を生み出すことができるだろう。

あなたが営業職にあるのならば、月の営業成績を2倍3倍に上げることができるだろう。
あなたが技術職や生産管理職にあるならば、自分自身やチームの作業効率を何倍にも上げ、また新しい技術や新しい生産方式などのアイデアを次から次へと生み出すことができるだろう。
あなたが、管理職や教育職にあるのであれば、部下や生徒が最高にやる気を出す優れた人事システムや教育カリキュラムを構築することができるだろう。
そしてあなたが、経営者や独立起業家であれば、あなたの事業を飛躍的に伸ばし、考えられないくらいの増収増益を実現することができるだろう。
いま言ったことは、大袈裟でもなんでもない。脳とは、無限の可能性とパワーを秘めている。それは疑う余地のない事実だ。その大きな可能性が、私たち万人に平等に与えられている。結果を出すことができる人とできない人との差は、脳の機能を最大限に活用できるかできないか。ただそれだけなのだ。
「なぜ私は仕事で目立った成果を出せないのだろう」「なぜ、私はスタッフのパフォーマンスをもっと伸ばすことができないのだろう」「なぜ私の事業は伸びないのだろう」「なぜ勉強しているのに、成績が向上しないのだろう」そのように日々悩み、現状打破を目指す、意識の高いあなたにこそ、本書をお読みいただきたい。(「はじめに」より)
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:228ページ
出版社:東洋経済新報社
言語:日本語
梱包サイズ:18.5 x 13 x 2.3 cm

【本書のキーワード】
  BUK234561
  4492043772
  仕事術・整理術
  人事管理.労務管理.人間関係.ビジネスマナー.提案制度
  谷澤 潤
  ブレインダンプ―必ず成果が出る驚異の思考法
  経済
  東洋経済新報社



【関連図書】


ザ・マインドマップ

新版ザ・マインドマップ(R)

学ぶ力を伸ばすお母さんの魔法―…

影響力の武器[第二版]―なぜ、…

影響力の武器[第三版]:なぜ、…

[カラー改訂版]バカ売れキーワ…


posted by BookReviewer at 11:31| ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする