2020年07月13日

歴代総理の通信簿 (PHP文庫)【八幡和郎】



本でも政権交代が繰り返される時代――。“首相選び"はますます人気やイメージが先行しがちだが、真に求められる資質は高い見識と行動力、そして“シヴィル"(文官)の頂点にふさわしい使命感にほかならない。本書...続きは本文で

【 著者 】 八幡和郎
【 評価 】 4.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
日本でも政権交代が繰り返される時代――。“首相選び"はますます人気やイメージが先行しがちだが、真に求められる資質は高い見識と行動力、そして“シヴィル"(文官)の頂点にふさわしい使命感にほかならない。
本書は「一国の指導者としていかに業績をあげたか」という視点で、初代・伊藤博文から現代の首相まで歴代総理の業績を10段階評価で格付けしていく。
「山県有朋:第一回の総選挙と国会を見事に乗りきる」「大隈重信:野党政治家としては素晴らしいが、史上最低の宰相の一人」「原敬:地方に基盤を置く保守政治の創始者」「岸信介:よみがえったアジア主義」「中曽根康弘:外交は満点、経済は零点」「安倍晋三:五年前と何が違うか――円熟と過激さが両方強まる」など、歴史に名立たる宰相たちに大胆に付けられた評価は果たして何点なのか?
日本の舵取りを担うリーダーの正しい選び方を考察する一冊。
新書版『歴代総理の通信簿』を増補改訂。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【本の目次】
       序章 忘れられた初代宰相・三条実美
       第1章 元勲たちの時代
       第2章 藩閥政治の全盛
       第3章 政党内閣の誕生
       第4章 軍人宰相の蹉跌
       第5章 戦前派の復活
       第6章 戦後派の官僚と党人
       第7章 地方政治家とジュニアの時代
       第8章 民主党政権とアベノミクス
       第9章 歴代総理をランク付けすれば―宰相候補の小粒化は日本の危機

【書籍情報】
文庫:429ページ
出版社:PHP研究所
言語:日本語
梱包サイズ:15 x 10.6 x 2.6 cm

【本書のキーワード】
  歴代総理の通信簿 (PHP文庫)
  PHP研究所
  政党・国会・内閣
  0131
  政治
  4569760902
  政治史・事情.日本
  八幡和郎



【関連図書】


アメリカ歴代大統領の通信簿44…

増補新版歴代首相物語(ハンドブ…

日本史〔近現代史〕歴代内閣図解…

最終解答日本近現代史(PHP文…

本当は誤解だらけの「日本近現代…

日本人の知らない日米関係の正体…


posted by BookReviewer at 05:39| 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする