2020年07月09日

「残された人生でやっておきたいこと」 74歳のイコさんの場合は、五歳で死別してしまった岡山にある母の生家まで、バイクツーリングをすることだった



残された人生でやっておきたいこと」 74歳のイコさんの場合は、五歳で死別してしまった岡山にある母の生家まで、バイクツーリングをすることだった。そこで出会ったのは、不思議な少女で……。...続きは本文で

【 著者 】 角野栄子
【 評価 】 4.5
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可

【書籍紹介】
「残された人生でやっておきたいこと」 74歳のイコさんの場合は、五歳で死別してしまった岡山にある母の生家まで、バイクツーリングをすることだった。そこで出会ったのは、不思議な少女で……。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
文庫:259ページ
出版社:KADOKAWA/角川書店
言語:日本語
梱包サイズ:14.8 x 10.4 x 1.4 cm

【本書のキーワード】
  角野 栄子
  日本文学
  日本の小説
  近代:明治以後
  KADOKAWA/角川書店
  ラスト ラン (角川文庫)
  〔か行の作家〕
  4041011779
  193



【関連図書】


『魔女の宅急便』が生まれた魔法…

トンネルの森 1945

ファンタジーが生まれるとき―『…

ナーダという名の少女(角川文庫…

おそとがきえた!

ハナさんのおきゃくさま(福音館…


posted by BookReviewer at 08:45| 文学・評論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする