2020年07月03日

漆器職人の傍ら能登の山村で3ヘクタールの水田を耕作し、コシヒカリを作る、民間地震予知研究者



器職人の傍ら能登の山村で3ヘクタールの水田を耕作し、コシヒカリを作る、民間地震予知研究者。少年の頃から、地震予知に興味を持ち、気象と地震との因果関係を統計にとり始める。その過程で、細々と言い伝えられて...続きは本文で

【 著者 】 浅田正
【 評価 】 5.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
漆器職人の傍ら能登の山村で3ヘクタールの水田を耕作し、コシヒカリを作る、民間地震予知研究者。
少年の頃から、地震予知に興味を持ち、気象と地震との因果関係を統計にとり始める。その過程で、細々と言い伝えられてきた前兆現象を知り、以後、それらを統計的に整理しながら、科学と一体になった地震予知を模索している。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【本の目次】
       漆器職人の傍ら能登の山村で3ヘクタールの水田を耕作し、コシヒカリを作る、民間地震予知研究者。
       少年の頃から、地震予知に興味を持ち、気象と地震との因果関係を統計にとり始める。その過程で、細々と言い伝えられてきた前兆現象を知り、以後、それらを統計的に整理しながら、科学と一体になった地震予知を模索している。

【書籍情報】
単行本(ソフトカバー):192ページ
出版社:西光出版; 初回版
梱包サイズ:20.4 x 14.4 x 1 cm

【本書のキーワード】
  巨大地震から身を守れー晴れた日に恐れよ
  社会科学 / 社会
  西光出版
  4990392604
  浅田 正


posted by BookReviewer at 08:39| 実用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする