2020年06月18日

「ルイ・ヴィトンが手本にしている」と言われるほど、経営手法への評価は高いシャネル



ルイ・ヴィトンが手本にしている」と言われるほど、経営手法への評価は高いシャネル。ココ・シャネルという絶大なカリスマ亡き後も、なぜラグジュアリーのトップブランドに君臨し続けることができたのか。あまり知ら...続きは本文で

【 著者 】 長沢 伸也
【 評価 】 3.8
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
「ルイ・ヴィトンが手本にしている」と言われるほど、経営手法への評価は高いシャネル。ココ・シャネルという絶大なカリスマ亡き後も、なぜラグジュアリーのトップブランドに君臨し続けることができたのか。あまり知られていなかったシャネルの経営面に注目し、最強ブランドの「経営の真髄」を分析する。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:353ページ
出版社:東洋経済新報社
言語:日本語
梱包サイズ:19.2 x 13.2 x 3 cm

【本書のキーワード】
  4492502009
  アパレル・ファッション産業
  被服.身廻品.アパレル産業
  東洋経済新報社
  製造工業
  長沢 伸也
  シャネルの戦略 ―究極のラグジュアリーブランドに見る技術経営
  pae0921509



【関連図書】


ルイ・ヴィトンの法則―最強のブ…

エルメス(新潮新書)

ラグジュアリー戦略―真のラグジ…

ファッション&ラグジュアリー企…

新装版ココ・シャネルという生き…

ココ・シャネルの「ネットワーク…


posted by BookReviewer at 16:36| ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする