2020年06月18日

嫌な人いると、その人を観察し、どうやってうまくやろうか考えてしまうもの



な人いると、その人を観察し、どうやってうまくやろうか考えてしまうもの。ところが、もっと仲が険悪になっていくのです。「自分中心」で自分の感情にそって距離をとっていけば人間関係はうまくいくのです。...続きは本文で

【 著者 】 石原加受子
【 評価 】 4.6
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可

【書籍紹介】
嫌な人いると、その人を観察し、どうやってうまくやろうか考えてしまうもの。ところが、もっと仲が険悪になっていくのです。「自分中心」で自分の感情にそって距離をとっていけば人間関係はうまくいくのです。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本(ソフトカバー):237ページ
出版社:KADOKAWA/中経出版
言語:日本語
梱包サイズ:18.8 x 13 x 2.2 cm

【本書のキーワード】
  4046002638
  処世法
  経済
  石原 加受子
  社会心理学
  KADOKAWA/中経出版
  人生訓.教訓
  仕事・人間関係 「もう、限界! 」と思ったとき読む本
  ビジネスマナー・人間関係



【関連図書】


ヘトヘトに疲れる嫌な気持ちがな…

「どうして私ばっかり」と思った…

仕事も人間関係も「すべて面倒く…

つらかった過去を手放す本

離れたくても離れられない人との…

「女子の人間関係」から身を守る…


posted by BookReviewer at 00:35| ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする