2020年06月12日

インド国境近くに位置する古都ラホール



ンド国境近くに位置する古都ラホール。この街はイスラム勢力の南アジア支配とともに発展し、とくにムガル帝国時代には宮廷がおかれ、デリー、アーグラとならび称される街でした。現在も、ラホール・フォートとシャラ...続きは本文で

【 著者 】 「アジア城市(まち)案内」制作委員会
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
インド国境近くに位置する古都ラホール。この街はイスラム勢力の南アジア支配とともに発展し、とくにムガル帝国時代には宮廷がおかれ、デリー、アーグラとならび称される街でした。現在も、ラホール・フォートとシャラマール庭園という世界遺産が残り、街は中世のたたずまいを残しています。またムガル帝国第6代アウラングゼーブ帝によるバードシャーヒー・モスクは南アジア最大のモスクとして知られています。かんたんな図版、地図計13点収録。【印刷版限定】印刷版は「旅行ガイド」と「ノート」の要素をくみあわせたノートブック版。ネットで調べた情報を書き込める白地図集つき。また旅していて、まわりから何をもっているかわからないような特別装丁(電子版の装丁が扉ページに)。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
オンデマンド (ペーパーバック):150ページ
出版社:まちごとパブリッシング
言語:日本語
商品パッケージの寸法:12.8 x 0.9 x 18.2 cm

【本書のキーワード】
  まちごとパブリッシング
  パキスタン004ラホール ?東方イスラム世界の「華」 (まちごとアジア)
  4866200936
  「アジア城市(まち)案内」制作委員会


posted by BookReviewer at 10:56| 旅行ガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする