2020年06月11日

日本企業の経営発展は、“成長”という言葉からイメージされるような単線的なものではなく、複雑な停滞・前進・後退の過程であった



本企業の経営発展は、“成長”という言葉からイメージされるような単線的なものではなく、複雑な停滞・前進・後退の過程であった。本書では、そのダイナミズムに「進化論」の枠組みを援用し、日本企業の変革への対応...続きは本文で

【 著者 】 橘川 武郎
【 評価 】 2.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可

【書籍紹介】
日本企業の経営発展は、“成長”という言葉からイメージされるような単線的なものではなく、複雑な停滞・前進・後退の過程であった。本書では、そのダイナミズムに「進化論」の枠組みを援用し、日本企業の変革への対応の特質を析出する。変革の担い手であるヒト(経営者)は、そこでどのような主体的役割を果たし、またそれがいかにして組織進化に至ったのか。成功と失敗の両面から学ぶ。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:305ページ
出版社:有斐閣
言語:日本語
梱包サイズ:21.2 x 14.8 x 2.2 cm

【本書のキーワード】
  進化の経営史―人と組織のフレキシビリティ
  橘川 武郎
  島田 昌和
  有斐閣
  経営学・経営理論
  経済
  464116326X
  経営史・事情.日本



【関連図書】


日本流通史


posted by BookReviewer at 13:07| 投資・金融・会社経営 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする