2020年06月02日

なぜ、患者は薬を飲まないのか? 「コンプライアンス」から「コンコーダンス」へ【クリスティーヌ・ボンド】



国王立薬剤師会から出版された書籍の日本語版。「なぜ、患者は医療者の指示通りに薬を飲まないのか?」という疑問を患者と医療者それぞれの視点や政策面からも検討しています。患者が医療者の指示に従うという「コン...続きは本文で

【 著者 】 クリスティーヌ・ボンド
【 評価 】 3.8
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可

【書籍紹介】
英国王立薬剤師会から出版された書籍の日本語版。「なぜ、患者は医療者の指示通りに薬を飲まないのか?」という疑問を患者と医療者それぞれの視点や政策面からも検討しています。患者が医療者の指示に従うという「コンプライアンス」モデルから、患者と医療者が同じ視点から最善の治療法を導き出す「コンコーダンス」モデルへの変革を提唱した画期的な書籍です。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:212ページ
出版社:薬事日報社
言語:日本語
梱包サイズ:23.2 x 16.4 x 2.4 cm

【本書のキーワード】
  4840811237
  クリスティーヌ・ボンド
  薬事日報社
  医学と心理
  なぜ、患者は薬を飲まないのか? 「コンプライアンス」から「コンコーダンス」へ



【関連図書】


コンコーダンス患者の気持ちに寄…

Concordance:APa…


posted by BookReviewer at 20:40| 実用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする