2020年05月29日

日本人の死因第1位のがんについて、部位別に早期発見法や最新治療法を解説し、定評ある名医・病院を紹介



本人の死因第1位のがんについて、部位別に早期発見法や最新治療法を解説し、定評ある名医・病院を紹介。...続きは本文で

【 著者 】 松井 宏夫
【 評価 】 3.5
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可

【書籍紹介】
日本人の死因第1位のがんについて、部位別に早期発見法や最新治療法を解説し、定評ある名医・病院を紹介。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【本の目次】
       胃がん―がん死亡者の中で、肺がんに次いで2番目に多いが死亡者は着実に減少している。
       大腸がん―死亡者数は肺がん、胃がんに次いで多いが女性に限ると第1位で、年々増加している。
       肺がん―がん死亡者のなかで最も多いのが肺がん。ただ早期発見される患者は確実に増えている。
       食道がん―患者の男女比は6対1と圧倒的に男性が多い。早期に発見されるケースが増えている。
       乳がん―日本人女性は生涯に16人に1人が乳がんに罹るといわれている。「がん検診」と「自己検診」が大切。
       子宮頚がん―初期にはほとんど症状がないので早期発見には検診以外に方法はない。
       肝がん―C型ウイルスとB型ウイルスの治療が飛躍的に進歩して、患者数は減少している。
       前立腺がん―治る可能性が高いがんのひとつ。PSA検査で早期の患者が多く発見されるように。
       腎臓がん―男性患者数は、女性の2~3倍多い。早期発見・早期治療が重要なポイントになる。
       皮膚がん―皮膚がんには多くの種類があり年間1万人以上が発症すると推計されている。
       甲状腺がん―患者数は4対1と女性が多いが、年齢による差は少ない。悪性度は低く、手術で治るケースが多い。
       軟部肉腫―脂肪組織、結合組織、神経、筋肉、血管、リンパ管などの軟部組織にできる悪性腫瘍。

【書籍情報】
単行本:319ページ
出版社:主婦と生活社
言語:日本語
梱包サイズ:18.2 x 13 x 2.4 cm

【本書のキーワード】
  腫瘍.肉腫.癌
  医学
  松井 宏夫
  がんと闘う! 名医と最新治療
  4391144042
  主婦と生活社
  0077
  癌



【関連図書】


名医がすすめる最高の「がん名医…

ガンにならない人の法則―ガン時…


posted by BookReviewer at 11:39| 暮らし・健康・子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする