2020年05月27日

日本の和牛が大きな歴史的転換期を迎えている



本の和牛が大きな歴史的転換期を迎えている。飼料工場、生産者、流通、と畜場などは、一つの大きな産業と言えよう。いま、その持続性が問われている。とりわけ、海外でも有名な「松阪牛」「神戸牛」に言える。飼料価...続きは本文で

【 著者 】 横田 哲治
【 評価 】 1.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
日本の和牛が大きな歴史的転換期を迎えている。

飼料工場、生産者、流通、と畜場などは、一つの大きな産業と言えよう。
いま、その持続性が問われている。

とりわけ、海外でも有名な「松阪牛」「神戸牛」に言える。

飼料価格の高騰、販売価格の低下…。
飼育するほどに赤字が増える日本の和牛農家。

一方で、オーストラリアだけでなく、
中国もブランド和牛の肥育・輸出に力を入れ出した。

このままでは日本の畜産農家の経営は成り立たない。

【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:207ページ
出版社:東洋経済新報社
言語:日本語
梱包サイズ:18.8 x 13 x 1.5 cm

【本書のキーワード】
  畜産業
  東洋経済新報社
  畜産物市場・価格.家畜市場
  犢牛
  和牛肉の輸出はなぜ増えないのか
  横田 哲治
  牛:役牛
  和牛
  乳牛
  肉牛
  3061
  4492780343



【関連図書】


図解 知識ゼロからの畜産入門

別冊DiscoverJapan…

国産牛肉の流通―国産牛肉の供給…

ゼロから理解する食肉の基本:家…

熟成・希少部位・塊焼き日本の宝…

食肉手帳(エイムック2834)


posted by BookReviewer at 09:25| 実用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする