2020年05月27日

その話し方では軽すぎます!  エグゼクティブが鍛えている『人前で話す技法』【矢野香】



営者、上級管理職といった「肩書きがある人」や「公人」が身につけておきたい「信頼される話し方・振る舞い方」の秘訣を網羅しています。自信、落ち着きある「印象づくり」や、「言葉づかい・話題選びの秘訣」など、...続きは本文で

【 著者 】 矢野香
【 評価 】 3.8
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
経営者、上級管理職といった「肩書きがある人」や「公人」が身につけておきたい
「信頼される話し方・振る舞い方」の秘訣を網羅しています。
自信、落ち着きある「印象づくり」や、「言葉づかい・話題選びの秘訣」など、
一通り身につけておきたい技法を紹介しています。

(まえがきより)
日本の政治家、企業トップの記者会見を見ていて気になることがあります。
人前に出るという覚悟のないまま、
キョトキョトしているように見える人が多いことです。
過剰なゼスチャーや瞬きなど、体のどこかを動かすクセが原因です。
その他にも、表情、姿勢、発言の仕方など、悪い話しグセが目立つのです。

両方の肩の高さが同じではなく、だらしなく一方に下がっていたり、
猫背だったりする方も見かけます。
このような頼りない印象なのに「私にお任せください」などというセリフを言ったところで、誰が信用してくれるでしょう。

抑揚がなく、原稿を棒読みしているような、
「言わされている」感じでスピーチする方も少なくありません。
この場合、聞き手に伝わっているメッセージは、本心から出た言葉ではない、ということだけです。

一部の著名人に限った話ではありません。多くのエグゼクティブ、上級管理職の方々がなさっていることでもあります。
これでは、スピーチの内容が素晴らしくても信頼を得ることはできません。
スピーチをする人の価値を著しく下げる、悪い話しグセを改めること──。これが先決なのです。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:223ページ
出版社:すばる舎; 四六版
言語:日本語
梱包サイズ:18.8 x 13 x 2 cm

【本書のキーワード】
  人事管理.労務管理.人間関係.ビジネスマナー.提案制度
  演説法:朗読
  120421-149
  4799101161
  スピーチ
  その話し方では軽すぎます!  エグゼクティブが鍛えている『人前で話す技法』
  話術・会議の運営・交渉術
  司会
  経済
  式辞
  あいさつ
  すばる舎
  矢野香



【関連図書】


【NHK式 心理学】一分で一生…

「きちんとしている」と言われる…

たった一言で人を動かす最高の話…

その話し方では軽すぎです!:大…

その堅苦しい話し方は、行きすぎ…

NHKことばのハンドブック第2…


posted by BookReviewer at 07:28| ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする