2020年05月24日

日本は昭和の時期の公害問題を克服し、エネルギー効率も最高水準となったにもかかわらず、環境をめぐる問題はまだ多く残されている



本は昭和の時期の公害問題を克服し、エネルギー効率も最高水準となったにもかかわらず、環境をめぐる問題はまだ多く残されている。福島第一原子力発電所の事故にともなう未曾有の環境汚染、地球温暖化への取り組みに...続きは本文で

【 著者 】 大守 隆
【 評価 】 1.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
日本は昭和の時期の公害問題を克服し、エネルギー効率も最高水準となったにもかかわらず、環境をめぐる問題はまだ多く残されている。
福島第一原子力発電所の事故にともなう未曾有の環境汚染、地球温暖化への取り組みにおける京都議定書の第2約束期間からのコミットの停止という後退、再生エネルギーの固定価格買取制度(FIT)で起きた問題と見直し、一般ゴミ償却による有害物質(ダイオキシン)の拡散の悪化。……。
それらの解決には科学技術の開発とともに、「仕組み」や「インセンティブ(誘因)」の問題に関連した経済学が果たすべき役割がある。
本書は、環境とエネルギーの問題を経済学から読み解く入門テキストである。文系・理系を問わず、誰のために環境を改善するのか、利害関係が錯綜する時にはどのような基準で考えるべきなのか、問題の性格に応じてどのような解決策が望ましいのか、その成功の程度はどのように測定すればよいのか、など環境問題の様々なレベルで留意すべき問題を対象にしています。

●本書では「環境とエネルギーの経済学」では以下のような問題を扱います。
1環境とエネルギーに関する行動を経済学的に説明する。
2環境とエネルギーに関する望ましい状態や政策について経済学を使って提案する。
3環境とエネルギーに関する制約の経済への影響を分析する。
4経済活動と、環境やエネルギーとの相互関係を分析する。
5環境の価値を経済的に評価する。
●入門レベルですが、より問題を深く学ぶために以下の3点に留意して構成されています。
第1は、実例を多く盛り込み、多くの章でコラムを設けています。
第2は、自然科学的な知識もある程度は盛り込んだことであります。環境問題やエネルギー問題の多くは自然科学的な現象と密接に関係しているからです。
第3は、意思決定のあり方についても意識的に取り上げています。環境やエネルギーの問題を解決するためには社会的な取り組みが必要なことが多く、そのためには社会的意思決定が不可欠であるからです。

地球温暖化をめぐる京都議定書、原発事故、FIT制度の混乱など、環境とエネルギーの課題を解決するためには、科学技術のみならず、「仕組み」と「インセンティブ」の問題に関連した経済学が重要な役割を果たします。問題と解決へのアプローチを考えるための入門テキスト。

【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:260ページ
出版社:東洋経済新報社
言語:日本語
梱包サイズ:21.3 x 15 x 2 cm

【本書のキーワード】
  経済学
  4492314873
  公害.環境工学
  東洋経済新報社
  入門テキスト 環境とエネルギーの経済学
  3033
  大守 隆
  外部性;枯渇性資源;持続可能性;環境税;排出権取引;環境評価;地球温暖化;温室効果ガス;不確実性;情報の経済学;原発事故;市場の失敗;家電リサイクル法;都市鉱山;コースの定理;第3の道;ソーシャルキャピタル;グリーン・グロース;
  経済



【関連図書】


入門自然資源経済学

入門環境経済学―環境問題解決へ…

環境経済学(現代経済学入門)


posted by BookReviewer at 14:32| アート・建築・デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする