2020年05月21日

Webクローラーの作り方をディープに解説



ebクローラーの作り方をディープに解説! Webから任意の情報を引き出す「クローラー」技術の概要と、 クローラーの作成方法を解説します。 汎用的なクローラーの作成から、 ブログ・Twitter・F...続きは本文で

【 著者 】 佐々木拓郎
【 評価 】 4.2
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
Webクローラーの作り方をディープに解説!

Webから任意の情報を引き出す「クローラー」技術の概要と、
クローラーの作成方法を解説します。
汎用的なクローラーの作成から、
ブログ・Twitter・Facebookなどターゲットごとの活用法まで、
データ収集効率を劇的にアップするクローラー技術をディープに解説します。

■本書の「はじめに」より
本書はRubyでクローラーを開発・運用できるようにするための本です。
クローラーを使えば情報収集のスピードが速くなり、
最新情報をいち早く入手できるようになります。
本書を通じてクローラーを実際に開発・運用して、それを体感してください。

クローラーというのは、自動的にWebサイトを巡回して情報収集するプログラムのことです。
Google botなどの検索エンジンロボットが代表的ですが、
個人・ビジネスに関わらず、さまざまな場面で使われています。
そう聞くと難しそうに感じるかもしれませんが、
まったくそんなことはなく、小規模なクローラーはRuby初級者でも書けます。
実は、ファイルから情報を抜き出す普通のRubyスクリプトに、
たった1行加えるだけでクローラーに変身してしまいます。
もしかしたら知らず識らずのうちにあなたもクローラーを作っていたのかもしれません。
クローラーは身近な存在です。

■本書に掲載するクローラーサンプル
・Googleの検索結果を取得する
・ブログへのクローリング
・Amazonのデータを取得する
・Twitterのデータ収集
・Facebookへのクローリング
・画像を収集する
・YouTubeから動画を収集する
・iTunes Storeの順位を取得する
・Google Playの順位を取得する
・SEOに役立てる
・Wikipediaのデータを活用する
・キーワードを収集する
・流行をキャッチする
・企業・株価情報を収集する
・為替情報・金融指標を収集する
・郵便番号と緯度経度情報を取得する
・新刊情報を収集する
・荷物を追跡する
・不動産情報を取得する
・官公庁のオープンデータを活用する
・聞の見出しを集める

■目次
Chapter 1 10分クローラーの作成
Chapter2 クローラー作成の基礎
Chapter 3 収集したデータを分析する
Chapter 4 高度な利用方法
Chapter 5 目的別クローラーの作成
Chapter 6 クローラーの運用
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:448ページ
出版社:SBクリエイティブ
言語:日本語
梱包サイズ:21 x 14.8 x 2.8 cm

【本書のキーワード】
  佐々木 拓郎
  Rubyによるクローラー開発技法 巡回・解析機能の実装と21の運用例
  るびきち
  総記
  プログラミング
  SBクリエイティブ
  データ通信
  4797380357



【関連図書】


JS Node.jsによるWe…

データを集める技術最速で作るス…

たのしいRuby第5版

RubyonRails5アプリ…

Pythonクローリング&スク…

改訂2版パーフェクトRuby


posted by BookReviewer at 11:40| コンピュータ・IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする