2020年05月21日

機械工学のエッセンスを要領良くまとめた書



械工学のエッセンスを要領良くまとめた書。図面や材料力学,機械力学,金属材料,機構について広く浅く解説する 初心者が機械工学を学ぶ際に,何から着手したらよいのか--。機械工学は扱う対象が広いために,すべ...続きは本文で

【 著者 】 小峯 龍男
【 評価 】 1.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
機械工学のエッセンスを要領良くまとめた書。図面や材料力学,機械力学,金属材料,機構について広く浅く解説する
初心者が機械工学を学ぶ際に,何から着手したらよいのか--。機械工学は扱う対象が広いために,すべての分野を深くマスターするのは難しい。既に各分野ごとに多くの専門書が出版されているが,これを1冊ずつ読破して収得することは事実上不可能だ。まずは対象となる分野を網羅し,広く浅く紹介した本を手に入れ,一通り読み終えることだ。こうした使い方に本書は適する。図面の読みとり方や描き方,代表的な金属材料の機械的性質や試験方法,切削やプレス,研削などの加工,剛体の物理や機械力学,応力や歪みを学ぶ材料力学,歯車やリンク機構などの機械要素など,機械工学で扱う主要な題材をイラストを多く取り上げながら平易に解説している。機械工学の各専門分野に本格的に取り組む前に学び,続いてより詳しい本に着手するとその後の学習が進みやすくなる。ただし,本書のタイトルと内容とは整合しない。「やさしい機械工学」「機械工学への招待」「機械工学のエッセンス」などの方がしっくりくるはずだ。 (ブックレビュー社)
(Copyright©2000 ブックレビュー社.All rights reserved.)
-- ブックレビュー社
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:219ページ
出版社:東京電機大学出版局 (1999/01)
言語:日本語
発売日:1999/01
梱包サイズ:20.8 x 15 x 1.4 cm

【本書のキーワード】
  講義用テキスト
  450141460X
  機械力学と構造
  小峯 龍男
  機械の要素.機構学.機械力学
  東京電機大学出版局
  機械力学・材料・設計
  機械工学


posted by BookReviewer at 08:56| 科学・テクノロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする