2020年05月14日

未帰還兵(かえらざるひと) 六十二年目の証言 (産経新聞社の本)【将口泰浩】



謀とも思えた「インパール作戦」の失敗によって、多くの仲間を失い、自らも満身創痍となって、“白骨街道”を這うようにたどり、九死に一生を得た男たち。食べるものも、着るものもなく、傷ついても薬もなかった。し...続きは本文で

【 著者 】 将口泰浩
【 評価 】 4.6
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
無謀とも思えた「インパール作戦」の失敗によって、多くの仲間を失い、自らも満身創痍となって、“白骨街道”を這うようにたどり、九死に一生を得た男たち。
食べるものも、着るものもなく、傷ついても薬もなかった。しかし、彼らは生きのびた。そして、人間としての尊厳と、日本人としての誇りを守り続けた。
しかし、彼らは祖国・日本には帰らなかった。
「どうして、帰還しなかったのですか?」と著者は問う。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
ハードカバー:208ページ
出版社:産経新聞出版
梱包サイズ:19.4 x 13.6 x 2.8 cm

【本書のキーワード】
  記録.手記.ルポルタージュ
  歴史 / 日本史
  産経新聞出版
  未帰還兵(かえらざるひと) 六十二年目の証言 (産経新聞社の本)
  日本史
  4863060440
  日中・太平洋戦争・占領時代
  将口 泰浩



【関連図書】


魂還り魂還り皇国護らん―沖縄に…

キスカ島奇跡の撤退―木村昌福中…


posted by BookReviewer at 03:04| 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする