2020年05月11日

生命・人間・社会を総合した幅広い分野としてのライフサイエンスの中から、植物に重点をおいて生物と自然のあり方、ヒトと自然の関わりを図解を交えてやさしく解説する



命・人間・社会を総合した幅広い分野としてのライフサイエンスの中から、植物に重点をおいて生物と自然のあり方、ヒトと自然の関わりを図解を交えてやさしく解説する。科学文明が発達した現代社会において、身近な自...続きは本文で

【 著者 】 石川 晶生・梅木 信一
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可

【書籍紹介】
生命・人間・社会を総合した幅広い分野としてのライフサイエンスの中から、植物に重点をおいて生物と自然のあり方、ヒトと自然の関わりを図解を交えてやさしく解説する。科学文明が発達した現代社会において、身近な自然から学び、自然と人間が調和ある関係を保っていくことの大切さを説く。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本(ソフトカバー):156ページ
出版社:玉川大学出版部; 1版
言語:日本語
梱包サイズ:20.8 x 15 x 1.4 cm

【本書のキーワード】
  生命と自然
  一般向け
  石川 晶生・梅木 信一
  生物科学.一般生物学 博物学
  生物科学 一般生物学
  4472103818
  生物
  理論生物学.生命論
  自然科学
  玉川大学出版部
  許田 倉園


posted by BookReviewer at 14:12| 科学・テクノロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする