2020年04月18日

初めて学ぶ韓国語 (1) (<テキスト>)【金 裕鴻】



国語学習の最大のポイントは文字と発音のマスターにあります。初めて韓国語を学ぶ方のために、特に文字の仕組みと発音のしかたをていねいに解説しました。漢字語を手がかりに単語を次々覚えていくことができ、正確で...続きは本文で

【 著者 】 金 裕鴻
【 評価 】 5.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
韓国語学習の最大のポイントは文字と発音のマスターにあります。初めて韓国語を学ぶ方のために、特に文字の仕組みと発音のしかたをていねいに解説しました。漢字語を手がかりに単語を次々覚えていくことができ、正確できれいな発音も身につきます。独習やグループ学習に最適な入門書です。

【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:225ページ
出版社:語研 (1987/03)
言語:日本語
発売日:1987/03
梱包サイズ:18.2 x 13 x 1.6 cm

【本書のキーワード】
  金 裕鴻
  一般向け
  その他の東洋諸言語
  4876156123
  語研
  初めて学ぶ韓国語 (1) (<テキスト>)
  朝鮮語[韓国語]


posted by BookReviewer at 05:49| 語学・辞事典・年鑑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする