2020年04月10日

白神山地とネパール・ヒマラヤ、二つの異なる地域には「世界遺産」登録後、類似の変化が生じていた―「世界遺産」の現実



神山地とネパール・ヒマラヤ、二つの異なる地域には「世界遺産」登録後、類似の変化が生じていた―「世界遺産」の現実。...続きは本文で

【 著者 】 今井一郎
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
白神山地とネパール・ヒマラヤ、二つの異なる地域には「世界遺産」登録後、類似の変化が生じていた―「世界遺産」の現実。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【本の目次】
       「国際山岳年」に寄せて
       赤石川と生きた人びと―青森県鯵ヶ沢町・旧赤石村
       白神山麓の暮らし―青森県西目屋村を中心に
       過疎地域と観光―青森県岩崎村
       「世界遺産」地域の自然と人―ネパール・クンブと白神山地の暮らし
       「タムール・シェルパ」との出会い―東部ネパール・タムール川流域の調査より
       「タムール・シェルパ」のその後―東部ネパール・タムール川流域の調査より

【書籍情報】
単行本:209ページ
出版社:春風社 (2004/03)
発売日:2004/03
梱包サイズ:21.1 x 15 x 1.5 cm

【本書のキーワード】
  社会学
  4921146985
  環境問題・自然保護
  世界遺産の自然と暮らし
  建設工学 土木工学
  農村.山村.漁村
  春風社
  環境保全.自然保護
  一般向け
  今井 一郎


posted by BookReviewer at 18:09| 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする