2020年04月10日

中国・アジア外交秘話【谷野 作太郎】



中国交正常化、平和条約締結、天皇訪中から、歴史問題、慰安婦問題、尖閣・南シナ海問題まで元中国大使が綴る、外交の舞台裏日中国交正常化交渉から歴史認識問題まで、アジア諸国との間に存在する様々な課題に対して...続きは本文で

【 著者 】 谷野 作太郎
【 評価 】 4.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
日中国交正常化、平和条約締結、天皇訪中から、歴史問題、慰安婦問題、尖閣・南シナ海問題まで元中国大使が綴る、外交の舞台裏

日中国交正常化交渉から歴史認識問題まで、アジア諸国との間に存在する様々な課題に対して、日本はそれにどう向き合い、答えを出してきたのか。日中国交正常化の舞台裏を知り、河野談話、村山談話の作成にも深く関わった元駐中大使が、そのときどきの政治家や外交官たちの言動を振り返りながら歴史の舞台裏を語る。アジア外交に関して資料的価値の高い一冊。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【本の目次】
       日本と中国:国交正常化までの道程(日本の敗戦、サンフランシスコ平和条約、そして72年の日中国交正常化へ
       北京における交渉の内側と両国関係正常化の実現)
       最近の中国情勢と日中関係(「改革・開放」がもたらした光と陰
       協調・協力と摩擦・対立が織りなす両国関係)
       尖閣問題、南シナ海問題とどう対峙すべきか―日中両国は関係正常化の“原点”に返れ
       「歴史」の問題にいかに向き合うか―「村山談話」作成の経緯、「あの戦争」をどう理解すべきか
       慰安婦問題:日韓間の決着を受けて―「河野談話」の経緯、日韓合意実現の行方
       アジアの巨象インド―インド万華鏡―親日国の知られざる側面について
       台湾、そして中国アラカルト―台湾の人たちは中国をどう見ているか
       最近の中国、日中関係について思う―相互信頼を深めるためになすべきこと

【書籍情報】
単行本:346ページ
出版社:東洋経済新報社
言語:日本語
梱包サイズ:19.6 x 13.8 x 1.3 cm

【本書のキーワード】
  外交.国際問題.アジア.東洋
  谷野 作太郎
  4492444424
  シルクロード全域
  東アジア
  ユーラシア大陸
  中国・アジア外交秘話
  日本政治・行政
  東洋経済新報社
  3033
  政治



【関連図書】


中国政治からみた日中関係(岩波…

日中漂流――グローバル・パワー…

中国はなぜ軍拡を続けるのか(新…

自民党―「一強」の実像(中公新…

外交証言録アジア外交――回顧と…

対中外交の蹉跌―上海と日本人外…


posted by BookReviewer at 06:27| 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする