2020年03月16日

今の超微量の放射線量では人体の健康に与えるリスクはない



の超微量の放射線量では人体の健康に与えるリスクはない。放射線医学者なら誰もが知っているこの明確な事実を無視し、彼らを「御用学者」と貶め、無知な大衆の恐怖心を煽った似非専門家たちがたくさんいる。しかも、...続きは本文で

【 著者 】 副島隆彦 SNSI副島国家戦略研究所
【 評価 】 3.9
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可

【書籍紹介】
今の超微量の放射線量では人体の健康に与えるリスクはない。放射線医学者なら誰もが知っているこの明確な事実を無視し、彼らを「御用学者」と貶め、無知な大衆の恐怖心を煽った似非専門家たちがたくさんいる。しかも、彼らは本当の専門家でもないくせに、専門家の名を騙り、科学のようなフリをしてその煽動言論を行った。本書はそれらすべてを許さない。それらすべてと徹底的に闘う論争の書である。 「目に見えないから怖い」という奇怪な合い言葉のもと、放射能に関する多くの無用で、有害なデマゴギーが跳梁跋扈した2011年の日本。原発事故直後から現地福島で復興活動本部を立ち上げ、体を張って現場で活動してきた著者たちが、放射能に関する
従来のあらゆるタブーをかなぐり捨て、本当の真実を暴露する。 チェルノブイリ原発事故の公職の専門家、ロシア科学アカデミーのR・アルチュニアン氏をゲストに迎えた編者・副島隆彦との巻頭対談では、チェルノブイリ原発事故で本当は何人の人が死んだのか、衝撃の事実が明かされる。 そして、広島、長崎の原爆の真実、JCO臨界事故の真実、そして、いま福島で現に起きていることが何なのか、圧倒的情報力と分析力で論及する。 なぜ、超微量の放射線にもかかわらず、20キロ圏内は封鎖されねばならなかったのか。そこには原発推進勢力の恐るべき企図が隠されていた事実も明らかにされる。 この本は、単純な、原発に賛成か反対をめぐる本ではない。核兵器による唯一の被爆国である日本が長年抱え続けてきた「放射能のタブー」に初めて切り込んだ、全国民必読の啓蒙書である。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:335ページ
出版社:ベストセラーズ
言語:日本語
梱包サイズ:18.8 x 13 x 2.8 cm

【本書のキーワード】
  放射能のタブー
  4584133484
  原子力発電
  核・原発問題
  ベストセラーズ
  機械工学
  副島隆彦 SNSI副島国家戦略研究所



【関連図書】


日本のタブー

米軍の北朝鮮爆撃は6月!米、中…

悪魔の用語辞典これだけ知ればあ…

最高支配層だけが知っている日本…

世界権力者図鑑2018

エコロジーという洗脳地球温暖化…


posted by BookReviewer at 15:50| 科学・テクノロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする