2020年02月15日

第2次安倍政権の誕生を機に株高&円安が進み、輸出依存度の高い大手メーカーが、収益的にホッとひと息つけたのは事実である



2次安倍政権の誕生を機に株高&円安が進み、輸出依存度の高い大手メーカーが、収益的にホッとひと息つけたのは事実である。だが、「アベノミクス」はまだ何ら具体的に実行されておらず、それらが真の経済成長につな...続きは本文で

【 著者 】 長谷川慶太郎
【 評価 】 3.6
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
Unlimitedゼロ円
Unlimited無料
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
第2次安倍政権の誕生を機に株高&円安が進み、輸出依存度の高い大手メーカーが、収益的にホッとひと息つけたのは事実である。だが、「アベノミクス」はまだ何ら具体的に実行されておらず、それらが真の経済成長につながるかどうかについては、判断は早計だ。一方で海外を見渡すと、すでに中国市場からの撤退を計画している日系企業もあるし、今後も邦人を狙ったテロ事件が頻発するとの見方もある。こうした内外の厳しい経済環境のなか、果たして日本企業は“次なる成長"をどこに求めればよいのか――。
著者は以前から、「21世紀は“デフレの世紀"となる」と言い続けてきた。だが、「デフレだから不況なのだ」とする見解には賛同しない。やはり日本の場合、景気回復の原動力は“モノづくり"であるべきだ。
近年ますます炯眼を誇る国際エコノミストが描く、日本の大戦略。“モノづくり国家"日本は、まだまだ自信を失う必要などない。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
Unlimitedゼロ円
Unlimited無料
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:198ページ
出版社:PHP研究所
梱包サイズ:19 x 13.6 x 2.4 cm

【本書のキーワード】
  工業史・事情.日本
  日本経済事情
  日本企業の生きる道。
  経済
  長谷川 慶太郎
  国際経済
  PHP研究所
  4569809871



【関連図書】


世界が再び日本を見倣う日「トラ…

世界を動かす巨人たち<政治家編…

トランプ幻想に翻弄される日本:…

「世界大波乱」でも日本の優位は…

2017年世界の真実(WACB…

2018長谷川慶太郎の大局を読…


posted by BookReviewer at 15:51| 実用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする