2020年02月15日

ヒンドゥー・ナショナリズム―印パ緊張の背景 (中公新書ラクレ)【中島岳志】



者 中島岳志, 2002/07/29 インドはどこに向かっているのか? 現代インドにおいて、RSS(民族奉仕団)を中心としたヒンドゥー・ナショナリズムの潮流が急速に拡大している。1992年12月のアヨ...続きは本文で

【 著者 】 中島岳志
【 評価 】 4.5
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可

【書籍紹介】
著者 中島岳志, 2002/07/29
インドはどこに向かっているのか?
現代インドにおいて、RSS(民族奉仕団)を中心としたヒンドゥー・ナショナリズムの潮流が急速に拡大している。1992年12月のアヨーディヤーにおけるモスク破壊事件。RSSから派生したBJPによる政権奪取。そして、今年(2002年)のグジャラート暴動とアヨーディヤーのラーム寺院建設問題。近年のインドを揺るがす大きな問題の背景に常に関係するヒンドゥーナショナリズムの潮流を捉えることは、現代インドと関わる際、非常に重要であり、かつ必要不可欠である。
 本書は、このRSSをはじめとした「サング・パリワール」諸団体の内部に入り込み、フィールドワークを行なってきた私の現場報告である。RSSが最も重要視する毎日の「シャーカー」というトレーニング活動。「サング・パリワール」の団体が運営する学校や福祉団体の活動の現場。ヒンドゥー・ナショナリズムの有力なイデオローグへのインタビュー。緊張が続くアヨーディヤーにおけるRSS・VHPの活動。デモや政治集会の現場など、外部からはなかなか見えにくいヒンドゥー・ナショナリズムの最前線を、解説を付しながら詳細に伝える。ヒンドゥー・ナショナリズムの拡大にいたるインド現代史も収録。写真多数。

【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
新書:272ページ
出版社:中央公論新社 (2002/07)
言語:日本語
発売日:2002/07
梱包サイズ:17.2 x 11 x 1.4 cm

【本書のキーワード】
  ヒンドゥー・ナショナリズム―印パ緊張の背景 (中公新書ラクレ)
  4121500571
  南アジア
  中島 岳志
  政治
  政治・経済・社会・文化事情.インド
  政治・経済・社会・文化事情
  民族・人種問題.民族運動.民族政策.インド
  中央公論新社
  一般向け
  アジア・アフリカ
  BUK243461



【関連図書】


ナショナリズムと宗教―現代イン…

ガンディーからの<問い>君は「…

日本はなぜ敗れるのか―敗因21…

インドのことはインド人に聞け!…

中村屋のボース―インド独立運動…

中島岳志的アジア対談


posted by BookReviewer at 14:41| 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする