2020年02月14日

明治維新の極秘計画 「堀川政略」と「ウラ天皇」 (落合秘史)【落合莞爾】



しきれなくなった歴史の真実――明治天皇すり替え説、決定版の登場孝明天皇は偽装崩御によって国体天皇=ウラ天皇、大室寅之佑は明治帝として政体天皇=オモテ天皇、明治維新は天皇家と徳川家の極秘計画で成された!...続きは本文で

【 著者 】 落合莞爾
【 評価 】 3.6
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可

【書籍紹介】
隠しきれなくなった歴史の真実――明治天皇すり替え説、決定版の登場

孝明天皇は偽装崩御によって国体天皇=ウラ天皇、大室寅之佑は明治帝として政体天皇=オモテ天皇、明治維新は天皇家と徳川家の極秘計画で成された!
近代日本の絵図を描いた「堀川政略」とは何か! ?
「さる筋」が明かした宮中秘事、これが日本最高度の秘密!

[著者の落合莞爾氏とは]
東大卒、住友軽金属を経て経済企画庁で「経済白書」の作成に携わり、野村證券に転じて日本初のM&Aを実現する。その後大企業の創業オーナーや旧華族などの金融面の指南役として活動、「兜町の天才仕掛人」の異名をとる。バブル崩壊を察知して相場から引退、歴史研究や骨董評論を手掛ける過程で宮中某人物「さる筋」から日本の歴史の闇に隠された事実を知らされる。

【目次】
自序:歴史の闇に秘された「堀川政略」

【第I部】「堀川政略」と堀川御所
第一章:日本の國體と世界王室連合の脅威
第二章:堀川御所の秘密造営
第三章:水戸烈公・徳川斉昭と「堀川政略」
第四章:堀川政略を狂わせた井伊大老の登場
第五章:一橋慶喜の苦闘
第六章:尹宮と慶喜の公武一和政権

【第II部】幕末前史
第七章:光格王朝の誕生
第八章:日本史最大の欺瞞「源平藤橘」とは何か
第九章:國體と公武合体運動
第十章:孝明天皇が実現させた大室寅之祐践祚

【第III部】封印された史実
第十一章:京都学習院の南朝復興思想
第十二章:小栗忠順が買占めた天保小判
第十三章:大政奉還に向けての策動
第十四章:維新政府に入った慶喜の手
終わりに
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【本の目次】
       落合 莞爾
       1941年、和歌山市生まれ。東京大学法学部卒業後、住友軽金属を経て経済企画庁調査局へ出向、住宅経済と社会資本の分析に従事し、1968年~1969年の『経済白書』の作成に携わる。その後、中途入社第1号として野村證券に入社、商法および証券取引法に精通し日本初のM&Aを実現する。1978年に落合莞爾事務所を設立後は経営・投資コンサルタント、証券・金融評論家として活躍。日本および世界の金融経済の裏のウラを熟知する人物として斯界では著名な存在である。著書に『先物経済がわかれば本当の経済が見える』(かんき出版)『天才画家「佐伯祐三」真贋事件の真実』(時事通信社)『教科書では学べない超経済学』(太陽企画出版)『平成日本の幕末現象』『平成大暴落の真相』『ドキュメント真贋』(いずれも東興書院)、また15年ぶりの書き下ろし著作『金融ワンワールド』(成甲書房)を今春上梓した。

【書籍情報】
単行本:304ページ
出版社:成甲書房; 初版
言語:日本語
商品パッケージの寸法:19.5 x 2.5 x 13.5 cm

【本書のキーワード】
  明治維新の極秘計画 「堀川政略」と「ウラ天皇」 (落合秘史)
  幕末・明治維新
  成甲書房
  4880862967
  日本史
  明治維新 1868-1872
  落合 莞爾



【関連図書】


南北朝こそ日本の機密現皇室は南…

国際ウラ天皇と数理系シャーマン…

京都ウラ天皇と薩長新政府の暗闘…

奇兵隊天皇と長州卒族の明治維新…

日本皇統が創めたハプスブルク大…

金融ワンワールド 地球経済の管…


posted by BookReviewer at 10:32| 歴史・地理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする