2020年02月10日

建設業における仮設電気に関わる災害は、感電など重大事故に至るケースが多く、現場での安全管理の課題となっております



設業における仮設電気に関わる災害は、感電など重大事故に至るケースが多く、現場での安全管理の課題となっております。本書は、仮設電気の知識について、特定元方事業者が行う統括管理に必要と思われる項目を絞り込...続きは本文で

【 著者 】 仙台建設労務管理研究会
【 評価 】 3.6
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
建設業における仮設電気に関わる災害は、感電など重大事故に至るケースが多く、現場での安全管理の課題となっております。
本書は、仮設電気の知識について、特定元方事業者が行う統括管理に必要と思われる項目を絞り込み、図表を多用してわかりやすく解説しました。日常管理を進める上でのチェックや、職員・作業員に対する教育用資料としてぜひご活用ください。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:56ページ
出版社:労働新聞社; 改訂第2版
言語:日本語
梱包サイズ:25.8 x 18.2 x 1 cm

【本書のキーワード】
  建設業における電気・電動器具がわかる基礎知識 第2版
  建設・土木工学
  送電.変電.配電
  仙台建設労務管理研究会
  3054
  4897614724
  建設工学 土木工学
  労働新聞社



【関連図書】


建設業におけるワイヤーロープ・…

高所作業の基礎知識ハーネスやロ…

災害事例から学ぶ建設工具・器具…

建設車両の仕組みと構造

はじめの一歩建設現場への送り出…

工事安全衛生ポケットブック


posted by BookReviewer at 07:06| アート・建築・デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする