2020年02月06日

物理離れの昨今,文系・理系を問わず,また社会人にも物理の面白さが伝わる内容



理離れの昨今,文系・理系を問わず,また社会人にも物理の面白さが伝わる内容。パズルを取り入れ,考える楽しみを実感できるテキスト。力学と電磁気学を1冊にまとめている。物理を学ぶうえで必要となる微分積分やベ...続きは本文で

【 著者 】 飽本一裕
【 評価 】 4.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可

【書籍紹介】
物理離れの昨今,文系・理系を問わず,また社会人にも物理の面白さが伝わる内容。パズルを取り入れ,考える楽しみを実感できるテキスト。力学と電磁気学を1冊にまとめている。物理を学ぶうえで必要となる微分積分やベクトルの計算といった,数学の基礎知識もそのつど丁寧に説明し,式の導出もできるだけ省かず行い,数学が苦手な学生にとって理解を妨げないよう配慮している。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:264ページ
出版社:共立出版
言語:日本語
梱包サイズ:25.6 x 18.2 x 1.6 cm

【本書のキーワード】
  間多 均
  物理学
  共立出版
  4320034333
  物理
  すらすらわかる楽しい物理♪
  一般向け
  飽本 一裕



【関連図書】


工科の数学微分積分第2版

工科の数学線形代数第2版

カラー版徹底図解心理学―生活と…

痛快!コンピュータ学(集英社文…

社会学(NewLiberalA…

グラフィック演習電磁気学の基礎…


posted by BookReviewer at 05:57| 科学・テクノロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする