2020年01月30日

本書は、アベノミクスが日本国債の将来にどのような影響を与えるかを考察しています



書は、アベノミクスが日本国債の将来にどのような影響を与えるかを考察しています。著者の大胆予測によると、「10~20年後、国債暴落はおよそ3%の確率で起こる」。こうした数値は、金融市場の専門家の間では「...続きは本文で

【 著者 】 森田 長太郎
【 評価 】 3.9
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
本書は、アベノミクスが日本国債の将来にどのような影響を与えるかを考察しています。著者の大胆予測によると、「10~20年後、国債暴落はおよそ3%の確率で起こる」。こうした数値は、金融市場の専門家の間では「通常の確率分布では発生しないリスク」とみなされます。ただし、アベノミクスによって、この「通常は発生しないリスク」の発生確率が、以前よりほんの少し上昇したのではないか、と著者は見ています。なぜ、国債がこれまでとは違う局面を迎えたと考えているのか。本書は日本経済やグローバル経済の変化を基に、そのわけを探っていきます。
表面は平穏でも、徐々に変化が始まっている国債市場。「国債に頼った運用を続けていていいのか?」--金融機関や年金の運用担当者は、もしも価格下落が始まったら、その初期で売らなければ損失が拡大してしまいます。国債市場の変調は住宅ローン金利の上昇や円安の進行など、日本経済全体にも大きな影響を及ぼします。国債は、実は投資家のみならずすべての人々に関連が深いテーマなのです。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:249ページ
出版社:東洋経済新報社
言語:日本語
梱包サイズ:18.8 x 13.2 x 1.7 cm

【本書のキーワード】
  昭和時代後期.平成時代 1945-
  経済
  3033
  4492733094
  公債史・事情.日本
  金融・通貨
  森田 長太郎
  東洋経済新報社
  国債リスク 金利が上昇するとき



【関連図書】


日銀、「出口」なし!異次元緩和…

金利と経済―――高まるリスクと…

中央銀行は持ちこたえられるか─…

日本国債が暴落する日は来るのか…

日本のソブリンリスク―国債デフ…

国債暴落


posted by BookReviewer at 05:16| ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする