2020年01月28日

森崎伯霊画集―田園讃歌【森崎伯霊】



崎伯霊は播磨を代表する日本美術院展特待の日本画家です。伯霊は、地方にあって、田んぼ、麦畑、牛追い、草笛、蛍狩りなど、かつて日本中で普通に見られた農のある風景を、戦中・戦後とも一貫して描き続けました。田...続きは本文で

【 著者 】 森崎伯霊
【 評価 】 5.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
森崎伯霊は播磨を代表する日本美術院展特待の日本画家です。伯
霊は、地方にあって、田んぼ、麦畑、牛追い、草笛、蛍狩りなど、かつて日本中
で普通に見られた農のある風景を、戦中・戦後とも一貫して描き続けました。
田園風景は多くの画家がモチーフにしていますが、伯霊の絵は、農婦からイタチ
やタデ草に至るまで、いきとし生けるものの喜びに満ちています。一見懐かしく
ノスタルジックでありながら観る人に格別な幸福感をもたらすのはそのせいで
しょう。もはや消えゆく運命にある農のある暮らし、その小さな営みの中にも幸
せがあるのだという作者の思いが伝わってくる心あたたまる画集です。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:215ページ
出版社:北星社 (2007/10)
発売日:2007/10
梱包サイズ:29.4 x 22.8 x 2.8 cm

【本書のキーワード】
  明治以降の日本画
  4939145085
  森崎伯霊画集―田園讃歌
  一般向け
  北星社
  森崎 伯霊
  日本画


posted by BookReviewer at 21:49| アート・建築・デザイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする