2020年01月25日

知識経営理論の第一人者による「知の方法論」の書き下ろし



識経営理論の第一人者による「知の方法論」の書き下ろし。ナレッジワーカーとしての個人が知識創造の本質的理解を深めるための、知の作法を論じる。...続きは本文で

【 著者 】 野中郁次郎
【 評価 】 4.1
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可

【書籍紹介】
知識経営理論の第一人者による「知の方法論」の書き下ろし。ナレッジワーカーとしての個人が知識創造の本質的理解を深めるための、知の作法を論じる。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【本の目次】
       序 知の方法を身にまとう(新たな経営の知
       ナレッジワーカーの時代)
       第1部 知の方法論の原点(哲学にみる知識創造の知
       知識創造理論で見た哲学の知の型 ほか)
       第2部 社会科学にみる知識創造の知(科学の知の方法論の意味合いとその変遷
       社会学の知のアプローチ―構造・行為・意味・統合 ほか)
       第3部 「コンセプト」の方法論(コンセプトとは何か
       「観察」の方法論―アイデアの源泉としての経験 ほか)
       第4部 経営と知の方法(企業の知の型(組織的知識創造)
       ナレッジ・リーダーシップ)

【書籍情報】
単行本:292ページ
出版社:東洋経済新報社
言語:日本語
梱包サイズ:19 x 13 x 2.6 cm

【本書のキーワード】
  知識創造の方法論
  4492521364
  経営学・経営理論
  110619-0314
  会社実務
  野中 郁次郎
  紺野 登
  一般向け
  東洋経済新報社
  研究開発.企業情報管理.企業調査.産業スパイ
  経済
  経営管理



【関連図書】


知識創造企業

知識経営のすすめ―ナレッジマネ…

ティール組織――マネジメントの…

知識創造経営のプリンシプル―賢…

暗黙知の次元(ちくま学芸文庫)

イノベーションの本質


posted by BookReviewer at 10:00| ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする