2020年01月12日

神学入門: プロテスタント神学の転換点【佐藤優】



一次世界大戦直後になされたカール・バルトらによる神学闘争が、単なる理論的あるいは学問的な論争ではなく、社会全体の深い「危機」から生じたことを示しながら、現下の「危機」を乗り越えるための知恵をチェコの神...続きは本文で

【 著者 】 佐藤優
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
第一次世界大戦直後になされたカール・バルトらによる神学闘争が、単なる理論的あるいは学問的な論争ではなく、社会全体の深い「危機」から生じたことを示しながら、現下の「危機」を乗り越えるための知恵をチェコの神学者が熱く語る。監訳者の力作解説つき。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:268ページ
出版社:新教出版社
梱包サイズ:19 x 12.4 x 2.2 cm

【本書のキーワード】
  4400319814
  神学入門: プロテスタント神学の転換点
  佐藤 優
  神学・キリスト教史
  平野 清美
  ヨゼフ・ルクル フロマートカ
  キリスト教
  教義.キリスト教神学
  新教出版社



【関連図書】


人間への途上にある福音

OD>なぜ私は生きているか―J…

神学の履歴書:初学者のための神…

核と戦争のリスク北朝鮮・アメリ…

なぜ私たちは生きているのか:シ…

神学の思考


posted by BookReviewer at 14:52| 人文・思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする