2020年01月06日

現在米国は、世界に比類なき影響を及ぼしている



在米国は、世界に比類なき影響を及ぼしている。南北両アメリカを1つの大きな文化圏として捉える視点から、「帝国」の諸相、さらに南北アメリカの歴史、経済、政治、言語、文化、芸術等の諸相を扱う論文を収載。...続きは本文で

【 著者 】 天理大学アメリカス学会
【 評価 】 5.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
現在米国は、世界に比類なき影響を及ぼしている。南北両アメリカを1つの大きな文化圏として捉える視点から、「帝国」の諸相、さらに南北アメリカの歴史、経済、政治、言語、文化、芸術等の諸相を扱う論文を収載。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【本の目次】
       第1部(セオダー・ローズヴェルトとアラモ―帝国の担い手の育て方
       帝国主義者たちのラテンアメリカ政策―コロンブスからブッシュまで
       ブラジル帝国の建国と記憶のかたち
       帝国としての米国は善き隣人たりうるか ほか)
       第2部(米国における市民権運動
       米国の多文化教育の展開―一九八〇年代のハワイの教育事例を通して
       米国フェミニズムのバックラッシュ現象―その社会文化的諸相と両義性
       国際的労働力の移動―資本主義世界経済における周辺国としてのブラジル ほか)

【書籍情報】
単行本:283ページ
出版社:天理大学出版部 (2005/12)
言語:日本語
発売日:2005/12
梱包サイズ:21 x 15 x 1.8 cm

【本書のキーワード】
  天理大学アメリカス学会
  北アメリカ
  アメリカス世界のなかの「帝国」 (アメリカス研究 (第10号(2005年)))
  天理大学出版部
  アメリカ大陸全般史
  学術書
  アメリカ
  地理.地誌.紀行.北アメリカ
  政治
  4838509316
  北アメリカ史


posted by BookReviewer at 10:24| 歴史・地理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする