2020年01月06日

静岡の大人気居酒屋「岡むら」流、 「幸せ」で「喜びにあふれた」働き方



岡の大人気居酒屋「岡むら」流、 「幸せ」で「喜びにあふれた」働き方! 岡村佳明、50歳。 35歳まで夢もなくチャランポランに遊び回っていた男が一念発起! 今では、「宣伝しない、看板出さない、入り...続きは本文で

【 著者 】 岡村 佳明
【 評価 】 4.6
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
Unlimitedゼロ円
Unlimited無料

【書籍紹介】
静岡の大人気居酒屋「岡むら」流、 「幸せ」で「喜びにあふれた」働き方!

岡村佳明、50歳。
35歳まで夢もなくチャランポランに遊び回っていた男が一念発起!
今では、「宣伝しない、看板出さない、入り口がわからない」居酒屋として若者に大人気!
そんな大繁盛居酒屋を経営する
岡村佳明さんの「商売繁盛・人育ての極意」がついに一冊の本になりました。

岡村佳明さんの商売の先生は
六十年前、藤枝にカウンター五席だけの小さな小さな居酒屋をつくった
おかあさんでした。

★人は自分のためにがんばれないことも
誰かのためだったら、がんばれる!

★人が輝けば、店は輝く!
★お客さんに喜んでもらえれば、店は輝く!

★本気で何かを始めたり、やり直したりするのは
年齢も性別も関係ない!
★生きてる限り本気になるチャンスはある!

人とつながり、喜んでもらう「働き方」がここにあります。


【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
Unlimitedゼロ円
Unlimited無料
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【本の目次】
       目次
       
       まえがき
       
       第1章 自分づくり はじめの一歩は自分繁盛
       小さなものがたり1 「二軒の靴屋」
       「五升の酒」と「五席のカウンター」
       きっかけはいつも「不純」
       「もう遅い」は「まだ早い」
       人生初の「自分との約束」
       「考道」より「行動」
       「商売繁盛」より「自分繁盛」
       「店前交通量」より「店前好通量」
       「当たり前」とは「有り難い」こと
       運やツキは「偶然」ではなく「必然」
       「一方思考」より「六方思考」
       「行動の習慣」をつくる「思考の習慣」
       「人気は一瞬」でも「人望は一生」
       「素直」は力なり
       「職人意識」より「プロ意識」
       人生は「こだまの法則」 4
       
       第2章 店づくり 入口はわからないほどいい
       小さなものがたり2 「三人のお客と二人のレストランオーナー」
       「おいしかった」より「楽しかった」
       カッコよさには「矢沢理論」
       人には「二度の死」が訪れる
       「居酒屋づくり」は「街づくり」
       
       第3章 人づくり スタッフはみんな舞台俳優
       小さなものがたり3 「異業種交流会での、二人の男」
       「集める」より「集まる」
       人脈は「つくるもの」ではなく「できるもの」
       人の成長は「自喜力」より「他喜力」
       「外見」より「内面」からイケメンに
       「ユニフォーム」より「マイフォーム」
       「自分ブランディング力」
       自分に返ってくる「言葉の魔力」
       名前の呼び方で変わる「親近感」
       「人を好きになる極意」その一
       「人を好きになる極意」その二
       「自責」が芽生える魔法の言葉
       「引っ張り上げる」から「押し上げる」へ
       「いかに来てもらうか」より「いかに帰ってもらうか」
       「直接暗示」より「間接暗示」
       おふくろが大切にしていた「宝物」
       「親」という字に隠された教え
       大切な「仲間たち」からの言葉
       
       第4章 コトづくり 心も満腹になってもらいたい
       小さなものがたり4 「モノからコトへ」
       「お腹」だけでなく「心」まで満腹に
       「モノ」から「コト」へ
       「未来のお客さん」より「目の前のお客さん」
       「繁盛の法則」より「おかずの法則」
       「主演男優賞」より「助演男優賞」
       仕事の意味を伝える「たぬきと男の物語」
       
       第5章 未来づくり 夢がなくても人は輝ける
       小さなものがたり5 「夢がなくても輝ける」
       「夢」はなくてもいい
       「夢」がなくても輝ける二つの方法
       「黒子力」で周りを輝かす
       宇宙でたった一つの「役割」
       感謝は「人間力」を大きくする
       「親」と手をつなぐ
       「厄年」は「躍年」 195
       「同業者」は「同行者」
       「未来の辞書」
       
       解説 宣伝なしでも行列ができる居酒屋の秘密 西田文郎
       
       あとがき

【書籍情報】
単行本(ソフトカバー):224ページ
出版社:現代書林
言語:日本語
梱包サイズ:18.6 x 13.2 x 2.2 cm

【本書のキーワード】
  小売業を中心とした流通産業
  しるこ屋
  商業
  ビアホール
  あんみつ屋
  バー
  外食産業
  岡村 佳明
  キャバレー
  現代書林
  看板のない居酒屋
  サービス産業
  喫茶店.料亭.酒場:スナック
  「元気が出る本」出版部
  4774513970



【関連図書】


トマトが切れれば、メシ屋はでき…

なぜかいつも満席の居酒屋のおや…

笑う店には客来たる楽しむ人には…

はじめての「居酒屋」オープンB…

斎藤一人お金の神様に好かれる人…

斎藤一人神様にかわいがられる豊…


posted by BookReviewer at 02:24| ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする