2020年01月04日

東大に二度目の合格を果たした直後――19歳の暖かな春の日だった



大に二度目の合格を果たした直後――19歳の暖かな春の日だった。明日、突然目が見えなくなるかもしれない…… それが、私が患った「多発性硬化症」だ。急に手や足が動かなくなるなど、いつ、身体のどの部分に症状...続きは本文で

【 著者 】 内藤 佐和子
【 評価 】 4.1
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可

【書籍紹介】
東大に二度目の合格を果たした直後――19歳の暖かな春の日だった。
明日、突然目が見えなくなるかもしれない……

それが、私が患った「多発性硬化症」だ。急に手や足が動かなくなるなど、いつ、身体のどの部分に症状が出るかが分からない病気。
現在、この病気を治療する方法は見つかっていないため、「難病」に指定されている。
交際していた彼にも病気のことは理解してもらえず、けんかも増える毎日。
彼に理解してもらえなかったことで、他人にはもっと話すことができず、一人で抱え込んでしまった。

だけど、そんな私にも転機が訪れる。きっかけは「DVからの解放」だった。
ビジネスプランコンテストで100万円獲得!
エキストラだけど、ハリウッドの映画に出演!
出会ったベンチャー企業の社長は100人超え!
『VOGUE』のカメラマンに写真を撮ってもらったこともある!
「病気=できない」という「思いこみの壁」を外したら、誰だって、
何だってできる可能性があるんだと、心から実感できた!
それをみんなが気づかせてくれた。
――今では自信を持って人に話している。
難病になったからこそ、私は今、「充実した人生」を送っているのだと。(本文より)

大学出版サークルPICASOによる学生だけの出版企画コンテスト「出版甲子園」の決勝大会を体調不良で欠席。
それでも企画が各出版社の編集者をうならせ、賞を獲得した本作品。
難病を抱えながらも毎日を前向きに生きる、そんな著者の姿に誰もが勇気づけられる一冊です。

【本文より】
○人生が一気に転落した瞬間
○夢を捨てて入った東大と、夢をかなえて入った東大
○「熱さ」で発症するかもしれない私の身体
○母の後悔
○私の存在が誰かのモチベーションになる
○想像以上に激しい“バッシング”の嵐
○泣いている時間がもったいない
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:191ページ
出版社:サンマーク出版
梱包サイズ:19 x 13 x 1.4 cm

【本書のキーワード】
  医学
  難病東大生
  記録.手記.ルポルタージュ
  サンマーク出版
  4763199110
  内藤 佐和子
  医学よみもの



【関連図書】


でも、生きてるし、今日も恋して…

チャランポラン闘病記――多発性…

多発性硬化症1年生のためのMS…

しあわせ難病生活~それでも私は…

なんびょうにっき(フリンジブッ…


posted by BookReviewer at 12:02| ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする