2020年01月03日

毎年大好評の日本経済予測、2016年版



年大好評の日本経済予測、2016年版! 激動のグローバル経済、企業経営、働き方、地方、ライフスタイル等々、最新トレンドが丸わかり。商談、面接、雑談の情報源として、さらに投資のヒントとしても活用できる。...続きは本文で

【 著者 】 三菱UFJリサーチ&コンサルティング
【 評価 】 1.5
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
毎年大好評の日本経済予測、2016年版!
激動のグローバル経済、企業経営、働き方、地方、ライフスタイル等々、最新トレンドが丸わかり。
商談、面接、雑談の情報源として、さらに投資のヒントとしても活用できる。
グローバル市場から個別企業の動きまで幅広く取り上げるハンドブックの決定版!

日本経済は「前向き志向」に転換できるか?
◆円安・株高、失業率低下が実現するも日本の景気は回復していない。輸出に力強さを期待できない一方、サービスや投資で稼ぐ体制が強まる。
◆世界経済は緩やかに成長するが、米国の利上げや中国景気がリスク要因。原油価格の上昇テンポは緩やかにとどまる。
◆飛躍が期待されるインバウンド市場、IoTや人工知能といった新技術が産業に与える影響も注目点だ。
◆少子高齢化で課題が山積する中、労働基準法の改正や高度プロフェッショナル労働制等、働く場は変わっていく。

【主要目次】

巻頭言 「中国リスク」と向き合う……中谷 巌

第1部 「前向き志向」に転換する日本経済
1:日本経済はアベノミクスがなくても成長できる
2:景気は持ち直すがペースは緩慢なまま、雇用需給はタイト
3:世界経済は緩やかに拡大、最大のリスクは米国利上げ
4:原油に強い供給過剰感、曇天見通しのマーケット情勢
◎データで読む2016年のトレンド:輸出に加え、新しい収益源が成長 日本企業は稼ぐ力を強化できるか?
◎2016年に予定されているビッグ・イベント

第2部◎2016年を理解するためのキーワード
海外経済・国際社会/海外ビジネス/産業/企業経営/働く場/社会・文化/少子化・高齢化/地域/地球環境・エネルギー/政策
~86のキーワードを2ページ見開きの読みやすいスタイルで紹介。多方面の最新トレンドがわかる!
インバウンド市場、ロケーションフリー経営、定額音楽配信サービス、火山防災、18歳選挙権、
朝型勤務、女性活躍ビジネス、IoT、プチぜいたく疲れ、マイナンバー利用、
北極海航路、中国ビジネス再編、年次有給休暇の義務化、高度プロフェッショナル制度、バスケ新リーグ
大学改革、パリCOP21、自動運転、職場のストレスチェック、LGBTフレンドリー
米国利上げ、ブラジルコスト、学童待機児童、老後プア、地域密着型介護、
コンパクトシティ化、ふるさと納税、所有者不明地、サブサハラ市場、HACCP義務化
再生医療、グリーンインフラ、SATOUMI文化 等々。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:264ページ
出版社:東洋経済新報社
言語:日本語
梱包サイズ:21.2 x 14.8 x 1.8 cm

【本書のキーワード】
  日本経済事情
  2016年 日本はこうなる
  昭和時代後期.平成時代 1945-
  三菱UFJリサーチ&コンサルティング
  論文集.評論集.講演集
  経済
  3033
  4492396233
  東洋経済新報社



【関連図書】


2017年日本はこうなる

2030年世界はこう変わるアメ…

2015年日本はこうなる

2015世界はこうなるTheW…

2016世界はこうなるTheW…

日本未来図203020人の叡智…


posted by BookReviewer at 17:00| ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする