2020年01月01日

資源小国ニッポンの挑戦 (産経新聞社の本)【産経新聞東京経済部】



エネルギーと環境・・・多様な側面から日本を浮き彫りに エネルギー資源の確保と環境改善に資源小国・日本はどう立ち向かうのか、日本 の現状・課題などを多面的に浮き彫りにした。 記者たちは国内はもとより、海...続きは本文で

【 著者 】 産経新聞東京経済部
【 評価 】 5.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
●エネルギーと環境・・・多様な側面から日本を浮き彫りに
エネルギー資源の確保と環境改善に資源小国・日本はどう立ち向かうのか、日本 の現状・課題などを多面的に浮き彫りにした。
記者たちは国内はもとより、海外にも足をのばし、経済大国でありながら資源小 国・日本の「今とこれから」を取材した。この本はその「報告書」である。 ●厳しい環境にある資源小国・日本の現状
原油は、ほぼ全量を輸入、9割以上が中東から。「司令塔」不在で日本の権益は は守られるのか・・・。
なりふり構わず「爆食」状態にある中国など、エネルギー確保に向け世界は厳し さが増している。 ●木、廃食油、海を汚す海藻から資源・・・チエと創意の新技術
原子力や石炭の活用のほか、風力、太陽光発電、そしていま注目の深海底に眠る "燃える氷"メタンハイドレートの研究開発。そして廃棄物の木くずや海を汚す 厄介者の海藻・アオサなどからエネルギー資源を取り出すというチエと創意工夫 による技術開発が進む。 ●世界に貢献・・・省エネ・環境技術
対応が迫られている温暖化防止などの環境対策。エネルギー消費でみると日本 の1に対し中国などは9倍、ロシアは17倍以上。
日本の省エネ技術に寄せる世界の期待は大きい。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【本の目次】
       第1章 共生に向けて
       第2章 原発再考
       第3章 エネルギー安保
       第4章 新エネルギー
       第5章 京都の約束
       第6章 循環型社会
       第7章 日本の針路を聞く
       対談 「経済成長と環境」両立をめざして

【書籍情報】
単行本:243ページ
出版社:産経新聞出版 (2007/04)
言語:日本語
発売日:2007/04
梱包サイズ:20 x 3 x 2.6 cm

【本書のキーワード】
  資源・エネルギー
  技術 工学
  工業動力.エネルギー
  4863060076
  産経新聞出版
  資源小国ニッポンの挑戦 (産経新聞社の本)
  産経新聞東京経済部


posted by BookReviewer at 00:55| 科学・テクノロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする