2019年12月31日

国際的に高評価の若手学者が、従来の経済学では重視されなかった慣習と規範の役割をゲーム理論で分析



際的に高評価の若手学者が、従来の経済学では重視されなかった慣習と規範の役割をゲーム理論で分析。経済学の新しい可能性を切り開く、将来名著となるべき一冊。...続きは本文で

【 著者 】 松井彰彦
【 評価 】 3.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
国際的に高評価の若手学者が、従来の経済学では重視されなかった慣習と規範の役割をゲーム理論で分析。経済学の新しい可能性を切り開く、将来名著となるべき一冊。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:275ページ
出版社:東洋経済新報社
言語:日本語
梱包サイズ:21.4 x 14.8 x 2.2 cm

【本書のキーワード】
  経済学
  4492313176
  東洋経済新報社
  投入産出分析]
  乗数理論
  経済
  ゲームの理論
  産業連関分析
  経済数学.経済統計.計量経済学[くもの巣理論
  松井 彰彦
  線型計画法
  慣習と規範の経済学―ゲーム理論からのメッセージ
  学術書
  経済学 経済思想



【関連図書】


入門ゲーム理論と情報の経済学

戦略的思考の技術―ゲーム理論を…

ゲーム理論新版

慣習と秩序の経済学―進化ゲーム…

ミクロ経済学戦略的アプローチ

不自由な経済


posted by BookReviewer at 11:12| ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする