2019年12月25日

日本近代文学の黎明期に独逸流の文学理論を駆使して近代文芸批評を確立した石橋忍月の初の研究書



本近代文学の黎明期に独逸流の文学理論を駆使して近代文芸批評を確立した石橋忍月の初の研究書。生い立ちから晩年までの全生涯に亙る評伝を構築し、その文業を実証的かつ精緻に考証した近代文学研究者必携の論文集。...続きは本文で

【 著者 】 千葉眞郎
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
日本近代文学の黎明期に独逸流の文学理論を駆使して近代文芸批評を確立した石橋忍月の初の研究書。生い立ちから晩年までの全生涯に亙る評伝を構築し、その文業を実証的かつ精緻に考証した近代文学研究者必携の論文集。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【本の目次】
       第1章 生い立ち―慶応元年~明治24年7月
       第2章 投稿時代―明治20年1月~同21年12月
       第3章 民友社時代―明治22年1月~同23年3月
       第4章 江湖新聞社時代―明治23年3月~同23年5月
       第5章 国会新聞社時代―明治23年11月~同24年5月
       第6章 内務省・思想社時代―明治24年8月~同26年10月
       第7章 金沢時代―明治26年11月~同30年9月
       第8章 再上京時代―明治30年10月~同32年6月
       第9章 長崎時代―明治32年6月~大正15年3月

【書籍情報】
単行本:666ページ
出版社:八木書店 (2006/03)
言語:日本語
発売日:2006/03
梱包サイズ:20.8 x 15 x 4 cm

【本書のキーワード】
  学術書
  作家論・作品論
  千葉 眞郎
  八木書店
  日本文学
  石橋忍月研究―評伝と考証
  全書・叢書
  作家の個人伝記[作家研究]
  4840690332


posted by BookReviewer at 02:15| ノンフィクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする