2019年12月11日

ある日突然、おれがあいつであいつがおれになっちゃったら……!



る日突然、おれがあいつであいつがおれになっちゃったら……!? 斎藤一夫は小学六年生。ある日クラスに転校してきた斎藤一美という女の子は、幼稚園の幼なじみのやっかいな子。ひょんなことからある日、一夫の体に...続きは本文で

【 著者 】 山中恒
【 評価 】 4.6
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可

【書籍紹介】
ある日突然、おれがあいつであいつがおれになっちゃったら……!?
斎藤一夫は小学六年生。ある日クラスに転校してきた斎藤一美という女の子は、幼稚園の幼なじみのやっかいな子。ひょんなことからある日、一夫の体に一美の心が、一美の体に一夫の心が入ってしまって戻らなくなった! --このテキストは、文庫版に関連付けられています。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:228ページ
出版社:童話館出版
梱包サイズ:21.2 x 14.8 x 1.6 cm

【本書のキーワード】
  そが まい
  中学年から
  童話館出版
  おれがあいつであいつがおれで (子どもの文学―青い海シリーズ)
  日本の小説
  4887501412
  児童書
  日本文学
  山中 恒



【関連図書】


時をかける少女(角川つばさ文庫…

なんだかへんて子(偕成社文庫(…

ぼくがぼくであること(岩波少年…

六年四組ズッコケ一家(角川つば…

ぼくらの七日間戦争(角川つばさ…

ぼくらのサイテーの夏(講談社文…


posted by BookReviewer at 22:38| 絵本・児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする