2019年12月09日

本書は京都市山科区を事例とし、協働方式で文化開発を試み、地域活性化の方途を確立しようと試みたレポートである



書は京都市山科区を事例とし、協働方式で文化開発を試み、地域活性化の方途を確立しようと試みたレポートである。...続きは本文で

【 著者 】 織田 直文
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可

【書籍紹介】
本書は京都市山科区を事例とし、協働方式で文化開発を試み、地域活性化の方途を確立しようと試みたレポートである。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:183ページ
出版社:晃洋書房 (2004/03)
言語:日本語
発売日:2004/03
梱包サイズ:18.6 x 13 x 1.4 cm

【本書のキーワード】
  亀岡
  芸術政策.文化財.京都府[山城国.丹波国.丹後国]
  織田 直文
  晃洋書房
  産業政策・行政 総合開発
  城陽
  木下 達文
  宮津
  向日
  舞鶴
  八幡
  4771015511
  地域開発・まちづくり
  学術書
  政治
  文化開発の可能性―コラボレートする山科からの提案 (京都橘女子大学文化政策ライブラリー)
  産業政策・行政.総合開発.京都府[山城国.丹波国.丹後国]
  京都
  綾部
  長岡京
  福知山
  宇治


posted by BookReviewer at 00:31| 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする