2019年12月05日

赤の他人や目上の人には、まずまず礼儀正しく、へつらい気味でもあるのに、部下や家族に対しては遠慮なく口汚い批判をする人がいます



赤の他人や目上の人には、まずまず礼儀正しく、へつらい気味でもあるのに、部下や家族に対しては遠慮なく口汚い批判をする人がいます。外づらはいいが、社員を理不尽にどなりちらす社長、職場でヘイコラしていても、...続きは本文で

【 著者 】 杉本良明
【 評価 】 3.8
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可

【書籍紹介】
◎赤の他人や目上の人には、まずまず礼儀正しく、へつらい気味でもあるのに、部下や家族に対しては遠慮なく口汚い批判をする人がいます。外づらはいいが、社員を理不尽にどなりちらす社長、職場でヘイコラしていても、帰るとガミガミ小言をいう夫。

◎こういうむずかしい人(きつい人)は、たいてい下の二つの考え方をする人です。
1) 自分と意見の異なる相手は人格・あり方が間違っている。だから変えるべきだ。
2) 相手の欠点・誤りはその相手を批判することで変えられる。だから批判すべきだ。
単なる意見の違いなのに、人格を否定するごとく批判します。そして、批判することで相手は変えられると思っていますから、相手が素直に反応しないと、ますます感情的になります。でも相手は変わりません。それがわからない。

◎では、こういうやりにくい人にはどう対処すればいいでしょうか? まず、相手を批判し返さない。感情的になっている相手のその感情を認めます。「○○さん、お気持ちはわかります」「○○さん、そう言われるのも無理もない」──こうやって言葉やわらかく理性モードに誘い込む。たった一言添えるだけで、苦手なあの人との軋轢も消えていきます。

◎何かというと、あなたを批判するきつい人とどう向き合うか。きつい人の心理構造を理解し、承認すること。期待感をゼロにして、加点主義で相手を見ることが対人関係を改善するポイントです。職場で、家庭で、快適な人間関係をつくる究極のノウハウとヒント。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:232ページ
出版社:日本実業出版社
言語:日本語
梱包サイズ:18.8 x 13.2 x 1.8 cm

【本書のキーワード】
  社会心理学
  ビジネスマナー・人間関係
  人間関係にうんざりしたときに読む本
  経済
  日本実業出版社
  パーソナル コミュニケーション
  杉本 良明
  4534044666



【関連図書】


苦手な人が気にならなくなる本

人間関係をしなやかにするたった…

人間関係が「しんどい!」と思っ…

キツい人間関係をラクにしたいと…

「女子の人間関係」から身を守る…

女子の人間関係


posted by BookReviewer at 21:29| ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする