2019年11月17日

どのようなアイデア、計画、仮説も、まずは思い込みから出発します



のようなアイデア、計画、仮説も、まずは思い込みから出発します。しかし、その思い込みに固執してしまうと、問題を解決できず、新たなアイデアも生まれません。戦略の立案で重要なことは、できるだけ早い段階でこの...続きは本文で

【 著者 】 原田勉
【 評価 】 4.6
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
どのようなアイデア、計画、仮説も、まずは思い込みから出発します。しかし、その思い込みに固執してしまうと、問題を解決できず、新たなアイデアも生まれません。戦略の立案で重要なことは、できるだけ早い段階でこの思い込みを打破することです。事実に向き合うことが大切なのです。

そのために必要なのは、情報を収集し、必要最低限の分析ツールを駆使して、自分の問題意識を分析することです。新しいアイデアは、そこから生まれるのです。

本書では、実際のビジネスの現場で役立つ戦略的思考と問題解決能力のスキルを習得するために、理論的な学習は最低限にして、できるだけ多くのケース演習を積み重ねることができるようにしています。分析手法の解説で必要な知識を学習した後で、自らの力でケース演習に挑戦することで、必ず実践的なスキルが身につくでしょう。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:240ページ
出版社:東洋経済新報社
言語:日本語
梱包サイズ:21.2 x 15.8 x 2.2 cm

【本書のキーワード】
  4492532668
  原田 勉
  意思決定
  東洋経済新報社
  経営学・経営理論
  経営政策.経営計画
  経済
  オペレーションズ・リサーチ
  実践力を鍛える戦略ノート[戦略立案編]



【関連図書】


アカウンタビリティから経営倫理…

イノベーション戦略の論理-確率…

イノベーションを巻き起こす「ダ…

戦略経営論

FINANCIALACCOUN…

実践力を鍛える戦略ノートマーケ…


posted by BookReviewer at 06:53| ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする