2019年11月17日

レバレッジ・マネジメント―少ない労力で大きな成果をあげる経営戦略』【本田直之】



計70万部突破のレバレッジ・シリーズ初の経営書。「時間がない」「儲からない」「余裕がない」……すべての原因と結果はあなたの思考にある!『レバレッジ・リーディング』『レバレッジ勉強法』など、自己啓発書で...続きは本文で

【 著者 】 本田直之
【 評価 】 4.6
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
累計70万部突破のレバレッジ・シリーズ初の経営書。

「時間がない」「儲からない」「余裕がない」……
すべての原因と結果はあなたの思考にある!

『レバレッジ・リーディング』『レバレッジ勉強法』など、自己啓発書で次々とベストセラーを世に送り出している本田直之氏が、初めて自らのビジネスとマネジメントについて論じた「経営者版レバレッジ・シンキング」。
日米のベンチャー企業10数社の経営に携わり、売上の劇的向上、IPOなど数々の実績をあげてきた著者が、試行錯誤の中から作り上げてきた「実践的」経営論。
「時間がない」「儲からない」「余裕がない」と走り続ける前に、「経営者の思考」を根底から問い直そう。レバレッジとは「てこの原理」のことであるが、経営者は「てこの支点=力の入れどころ」を知っておかなければならない。
本書で主張する経営者がレバレッジをかける対象は全部で6つ。それぞれについて、質問形式で68問の解説を施している。ベンチャー企業経営者、各企業や組織のマネジメントに携わる人、そして、その予備軍の方々にとっての必読の一冊である。
おすすめブックリストつき。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:240ページ
出版社:東洋経済新報社
言語:日本語
梱包サイズ:19 x 13.8 x 2.4 cm

【本書のキーワード】
  東洋経済新報社
  経営学・経営理論
  本田 直之
  経営管理
  経営者・企業者論.企業と社会.産業社会
  4492043276
  会社実務
  レバレッジ・マネジメント―少ない労力で大きな成果をあげる経営戦略』
  経済



【関連図書】


レバレッジ時間術―ノーリスク・…

レバレッジ・シンキング無限大の…

レバレッジ人脈術

レバレッジ・リーディング

パーソナル・マーケティング

レバレッジ勉強法(だいわ文庫)


posted by BookReviewer at 01:17| ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする