2019年10月13日

ITナビゲーター2018年版【野村総合研究所ICTメディア産業コンサルティング部】



023年に向けてICT・メディア市場で何が起こるのか。本格化するシェアリングエコノミーからxTech、宇宙ビジネスまでを徹底予測。ソフトウェアがすべてを飲み込むデジタル時代は何が変わるのか? 本書では...続きは本文で

【 著者 】 野村総合研究所ICTメディア産業コンサルティング部
【 評価 】 4.5
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
2023年に向けてICT・メディア市場で何が起こるのか。

本格化するシェアリングエコノミーからxTech、宇宙ビジネスまでを徹底予測。

ソフトウェアがすべてを飲み込むデジタル時代は何が変わるのか?
本書では、デバイス、ネットワーク、メディア、プラットフォーム、xTechの各市場に分けて、30以上のテーマを網羅している。
IT市場の構造変化を見通し、事業戦略や新たなビジネスモデルの可能性を考える際の指針となる一冊。

昨今、ビジネスの世界では「デジタル変革」という言葉を見ない日はない。
いよいよ、あらゆる活動がネットに接続している前提、そして、ソフトウェアで書かれている前提になっていることの証左である。
本書でも紹介しているIoTやAIなどのキーワードは、まったく新しく出てきた変革のようにとられることもあるが、これらはすべて数十年に及ぶ大きなサイクルで世の中にITが浸透していく一過程にすぎない。そして、これまでの20年はあくまでもITの黎明期であり、これからの20年はITの本質的な浸透の時代に入っていく。

2018年版の本書では、ITがビジネスの前提として利用され、それぞれのビジネスをデジタル変革していく様をより明らかにするために、金融、小売、広告、教育、人事など各業種ごとに説明する「xTech」の章を新設した。
また本書では、それぞれの市場が独立した章として論じられており、各章の冒頭に要約を、またそれぞれの節にも論旨をまとめたキーメッセージを配して、必要な部分に焦点をあてて読むことができる。

【主要目次】
序章 ITによる企業と社会の変革はついに最終ステージに向かいつつある
第1章 2023年に向けてICT・メディア市場で何が起こるのか
宇宙ビジネス/シェアリングエコノミー/APIエコノミー/パーソナルデータ
第2章 デバイス市場
携帯電話端末/4Kテレビ/VR/音声エージェント端末/ドローン
第3章 ネットワーク市場
固定ブロードバンド回線/モバイル・ワイヤレスブロードバンド
第4章 コンテンツ配信市場
ゲーム/動画配信/音楽配信/放送・メディア
第5章 プラットフォーム市場
クラウドサービス/情報セキュリティ/IoT/ブロックチェーン/RPA
第6章 xTech市場
金融/小売/広告/食品/教育/スポーツ/人事/農業/ヘルスケア
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:285ページ
出版社:東洋経済新報社
言語:日本語
梱包サイズ:20.8 x 15 x 2 cm

【本書のキーワード】
  野村総合研究所ICTメディア産業コンサルティング部
  年鑑・統計
  ITナビゲーター2018年版
  総記
  情報と社会:情報政策
  3034
  東洋経済新報社
  4492502971
  白書・報告書・年鑑・事典



【関連図書】


ITロードマップ2018年版

大予測次に来るキーテクノロジー…

図解CIOハンドブック改訂5版

すべてわかるIoT大全2018…

インターネット白書2018デジ…

情報メディア白書2018


posted by BookReviewer at 10:48| コンピュータ・IT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする