2019年10月02日

鬼と仏の社長学【小野金夫】



営には、「科学=鬼の目」と「情=仏の心」が必要だ。科学とは、すなわち数字であり、情とは、社員の成長と顧客満足と社会貢献を目指すことである。この両輪のバランスが取れて、会社ははじめてうまくいく。創業から...続きは本文で

【 著者 】 小野金夫
【 評価 】 5.0
立ち読みはこちらから

立ち読みできます
立ち読み可
GoogleBooks
立ち読み可

【書籍紹介】
経営には、「科学=鬼の目」と「情=仏の心」が必要だ。科学とは、すなわち数字であり、情とは、社員の成長と顧客満足と社会貢献を目指すことである。この両輪のバランスが取れて、会社ははじめてうまくいく。創業から約40年、一代で1000億円企業に育て上げた著者が、その秘訣を77の訓辞としてまとめました。
【本を見る】
アマゾン
アマゾン

立ち読みできます
立ち読み可
キンドル
キンドル
GoogleBooks
立ち読み可
楽天ブックス
楽天
楽天
楽天
DMM
DMM


【書籍情報】
単行本:192ページ
出版社:すばる舎リンケージ
梱包サイズ:19.2 x 13.8 x 2 cm

【本書のキーワード】
  経営者・企業者論.企業と社会.産業社会
  鬼と仏の社長学
  すばる舎リンケージ
  小野 金夫
  4883996441


posted by BookReviewer at 12:29| 実用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする